現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 SPAIN GP 2014

2014–05–13 (Tue) 01:03
抜きにく~いらしいサーキット。80% ポールが勝つと言われている。
そして 今日は母親参観日。それらしい面々多々。

ニコはというと フロントロー。。
いやいや すばらしい頑張りでたまたまここに落ち着いたのです。

レコノサンスも問題なさそうで フォーメーションラップもOK

解説陣は メルボルンでの勝者はルイスとカウントしており ここでルイスが勝利をおさめることにより チャンピオンシップも正しい序列になるようです。

 
レーススタート 
猛烈スローに見えるのはナゼ?

ニコに襲いかかるボタスくん。この頃オープニングのコンビであります。ここは早めにコンビ解消願う。

ニコポジ確保 予定通り逃げるルイス オープニングで1.2って ちょっと悲しい。
まぁ 車間距離は2秒ちょいある方がタイヤにやさしいわけですが。

スタートが好評のウィリアムズは ボタスくんが成功に至ってます。

マルが後方で本領発揮中。マーカスくんがぁぁぁぁ  そして 審議に至る。

ケビンがくちゃくちゃにされてる。父ハラハラしてるんだろーなー ケビンの目に触れないどこかで。

7周目 ボタスくんVSリカちゃん開始

たくさんDRSゾーンにいて 順位が定まってない(>_<)
(゜-゜)と言いますか 順位変動は主役はグティだね。どうした?なんでそんなにズリズリしてるの?

10周をこえたころ ルイスとニコの差2秒前後 意外とどうにかなってる

マルにペナルティ。違う種類のポイントも同時に集めてます。


みんなが使いにくいと言ってるハードに 早々履き換えるセブ
どんな感じかチェック

フェリペが定番の長めのピット休み実施

フェラーリ対決 収拾つかないからピットで一息

ニコにアンダーカット実施したいのだけど ルイスが先に呼ばれた!
ルイスのピット3.8 遅いけど タイヤ外れるわけにもいかないので 慎重にね。

その3周後 ニコのピット 未知のハードにトライしてみます。ピット滞在時間2.8 

ニコ カルスポタイヤに仕様変更。使いにくい?

ルイスに5.5秒前になるように指示。
ニコに 差をつめるように指示。ハードにトライしてるニコには とってもハードな御注文。

ロマンがコース上でちょっと危ない走り。アロたんクリーンに抜くも どちらのファンもドキドキだったね。
アロカメラから ロマンの頑張りが感じられてよかったわ。そんなつもりはないんだけど 言うこと聞かないって感じ?

アロたんから後ろって いい感じで間隔あいてる。そのうち バトル開催だね!

レースのこり半分

セブ=ソフト アロ=ハード
ニコの次のタイヤは選べる自由があるので クルマちがうけど 様子うかがう。

セブいい感じだねぇ

アロたんのタイヤもいい感じで

ルイスのピットが近付いてまいりました。余裕あるからウィングいじるようです。
今すぐ入ってくれると周回遅れに捕まってくれるんですが。。。

ルイスはその願いを聞き入れず 1周あとだった あ~
周回遅れに捕まる直前にいれて ウィングいじって4.3 出たところ 結構クリーンじゃん。

ニコピット 3.0 ソフト

ルイス文句言ってます。エンジニアさん めっちゃいい判断してくれたと思うよ~。
ニコはね 周回遅れ2台さらーっと抜けただけさ。

フェリペって なんで そこにいるの?3ピット?

50周付近 ルイスの勝利を心の中で決定している解説陣

気づいたら カムイくんとべるぬくんがいない。

セブ今入るのか! おもしろいことになりそう!

アロたんも入る!

セブ ファステスト セブがイキイキしてるぅ!(^o^)

ルイスが焦ってます。

マルシア 油ふいてないか?

ルイスのエンジニアは大変だ。

おー キミVSアロ

キミちゃん抜くアロ 大喜び  キミちゃん不憫

ニコんとこも 気になる接近戦

映ってなかったけど ターン9あたりで 一回目のアタックしたような気がする。

最終ラップ パワー使っちゃってるよなぁ
ターン10不発

ルイスがチェッカー直前の喜びのうねうね走り中に ニコが最短距離で突っ込めたらなぁ~(^_^;)

セブよかったよ~ 速いねぇ やっぱり。生き返ったな!


ルイスがポイントリーダーに F1ファンが落ち着かなかった序列がスッキリしたって感じ。

ニコ メルセデスのスタッフにお礼も言えないまま表彰式へ。

極端に小さいトロフィを 決して楽なレースでなかったというように わざと重たげに掲げるニコ。

トロフィーを祝杯にするルイス。

インタビュアのエディさんは ニコに最低限の笑顔を。


いろんなコラム読むと 
ニコがまったくアタックしない ルイスならフツーにできることを何もしようとしない
勇気がない とか まぁ いろいろ言われてる 
1周あれば”できた”かどうかはわからない。
たしかにできないレースじゃなかった ルイスとか他のドライバーみたいに勝利にまっしぐらタイプじゃない。
本人は勝利に集中したいけど いろんなものが見えてるんだと思う。
チームに最高の結果を。重役参観だったし メルセデスとしての見せ場は作った。
彼らの前でダメージなく終わることは必須。

一番痛いのは
ニキさんの 今のニコに今のルイスは倒せないという発言かな。
ただし オーダーは出す気はないそうだ。出さなくても良いということかもしれないが。

いいことだってあった。ルイスを焦らせたのは事実。
いくらポイントリーダーになったからとて ニコに精神的に完全に追い込むことには至らなかった。

たったコンマ6秒が 7ポイントの差 とても大きいものだけど 
今後につながる コンマ6秒だったと思う(^O^)/

スポンサーサイト

« 2014 F1 GP CHAINA | HOME |  F1 MONACO GP 2014 »

コメント

あと1周あったら・・・

ニコ選手が優勝していたかどうかは不明ですが、
終盤のデットヒートはワクワクしました。

それにしてもメルセデスF1は速い!
他のチームには もう少し頑張ってもらわないと
本当にメルセデスF1が全勝で
コンストラクターズ・チャンピオンになるかも!

次は みんなのモナコですよっ!

はやい もう モナコの番なんですね~v-12

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://medusa.blog6.fc2.com/tb.php/3165-4602adf3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

プロフィール

medusa

  • Author:medusa
  • さわやか系スポーツの応援三昧
    ことのほか モタスポに夢中

    別格エリア
    ニコ ロズベルグ(F1)
    高橋 大輔(フィギュアスケート)

    第二グループ
    アンドレ ロッテラー(WEC・SF)
    酒井 ごーとく(サッカー)

    ぞっこん部門
    トト ウォルフ(メルセデスAMG F1 TEAM)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問履歴

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。