現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらF1 SINGAPORE 2013 DAY4 SUN①

2014–03–11 (Tue) 00:53
AM7:00~AM9:00 爆睡

友人に連絡するも 応答なし。

AM10:30 ホテル初Wifi会場向かう

Wifi会場 昨日の予選 デカビジョンで放映中 ありがたき幸せ NEXTさんのんじゃないから番組長い!
真後ろにエスカレータがあるのだけど そこを 行ったり来たりしているデイモン ヒルさん。
最初はね 仕事のできるビジネスマンとしか見えなかった。とっても颯爽として 歩くの速くて追いかけられない!
エスカレータの上か下かにいたら捕獲できるだろうけどな。

あんなに あちこちに誰かを待ってるファンが待機してるのに 暑さにやられたか 見逃してるのか 冷静なままで
(^_^;)
私は センサーがバンバン働いて制御不能だったのにさぁぁ 感度のいい日わるい日あるよね~

友人から連絡あり 未だにカジノにいるそうだ。

3時ゲートオープンで 日曜日のチケットはかなり高額になるので 自由席チケットをチョイス。
ということで 金曜の時点で決勝はココと決めた席に走らなければなりません。

2時ゲート付近のショッピングセンターに到着
ゲートに並ばせるのを嫌うシンガポールですので 近くで待機。

写真こそ撮れなかったけど デビクル先生とか そうそうルカ フィリッピさんも目の前通ったよ~ たのし~
BBCとかSkyとかで解説してるんだよね。

3時 応援グッズの入ったトートを持ってたにも関わらず ノーチェックでスルー。お陰で 飲み物持ち込み放題!今日は23:00くらいまで あんまり動き取れないからラッキー

そこからダッシュする外国人たち。もう勝てないや~

何とか目的席に到着 最終コーナー サーキットビジョン前 (チェッカー後 ポディウムダッシュするためです)
一番お気に入りの最上段は取れなかったけど 隅っこ獲得

真後ろにロータスファンの日本人カップル
彼らは オーストラリアから来たという人々にいい意味でからまれている。
彼は 次のGPである鈴鹿にも行くと言っている。しかも F1目的ではなくポルシェカップを観に。
そんな日本人カップルを利用し 席とりしてもらい ちょくちょく気分転換する。

こうやっていると 別に早く来て席を確保しなくてもよかったことに気付く。
真後ろが海辺で 想像より涼しくて快適で 心配した熱中症もなかったからいいけど こんなことしなくて フツーに入りマチなりしてたら有意義だったのかなーって。

寝不足だったので 何度も居眠りし 目が覚める度 誰かが声をかけてくる
「昨日 君をピットスタンドで見たよ」とか
「ニコのどういうとこが好きなのか」とか
「鈴鹿っていいところか」とか

日本人とは そのカップルくらいしかお話しなくて 彼らもやがて人が増えて居場所を侵され始めたせいでいなくなっちゃった。完全アウェーな感じ。多国籍かな うん。

アマチュアカメラマン多数が目の前を包囲。あのー見にくくなるんですけど・・・(-.-)

一人のカメラマンがずっとこっち見てる。なんだかイヤだな。。
しばらくすると 前のカメラマン 初対面同士が仲良くなってる感じ。そして 二人で力合わせて 声かけてきた。
何かクレームでもつけられるのかと思ったら 「どこから来た?」とかそんな感じで。
二人はシンガポール人だそうで わたしが一人でここに来たと言ったら 日本語で「すごい すごーい!」と言ってました。別にすごくはないのですが 「すごい」はそのまま使えるようです。
一人は日本に旅したことがあると言ってました。
私はご存じのように語学に弱いです。そんな人間に対し フレンドリーに行こうという行動なのか 知ってる日本の物体を言い始めました。それでも最初わかんなかったです。”ぼーざかじょー”=大阪城
二人はすごく親切でした。GP2のときに撮った写真を見せてくれたり。

F1ドライバーのパレードが始まりました。
最終コーナーは見れませんでした。ビジョンがあるからわかるんですけど ピットスタンド前からスタートするんですが 最終コーナーは広い上 奥がピットレーン入り口なんですね。入口手前にセレブやTV局の人たちで溢れかえっていて その手前でオープンカーから降りたドライバーは セレブたちの餌食になって消えていくという。
ピットスタンドの最終コーナー側はもっと見れなかったのではなかろうかな。

その後ビールを片手にメルセデス応援隊がやってきました。ニコのエンジニアのトニーさん似のドイツ人一行(8人)です。
これが このあと めちゃくちゃにしてくれるんですよねーーーー

※未だにレースをビデオで見なおしてませんので 現地でこんな感じだったということを このさき書きます。たぶん間違ってると思う。

メルセデス応援隊 ビール大量追加買い。
一緒にニコ応援しよーぜー!ってな勢いである。

フォーメーションラップ開始
応援歌なのか知らないが 大声で合唱 歌い始める。

決勝スタート ニコがなんでか一瞬先頭に出る
「ろーずべ~ぐ!」とび跳ねる一行 底ぬけるぞ!

オープニングラップで戻ってきたニコにシャッターきる
後ろのアロたんも写らなくて 単独な写真が撮れた。。

ニコめちゃくちゃ遅くない? いや そうでもないか。 セブが速すぎるんだ。

セブが通過するたび ニコまでの距離を手ぶりと大声でカウントする偽トニー

アロたんに迫られるも アロたんも大変そう。
ニコ いつもの最初は我慢なレースさせられてるんだろうな。セブは もう 遠く離れちゃった。
 
リカちゃんがトンネル部分で突き刺さる。たしか初年度マーク兄さんごっつんポイントだな。
これでニコの運命が大きく変わる。

SCが登場。いらんのに いらんのに いらんのに!

一気にピットに入るライバルたち
このころになると トニーたちは泥酔化し 私の肩を持って振り回す。。。
ビジョンもよく見えないし 写真も撮れないし 目にも焼き付けれない。

ニコは戦略上入れない このままじゃ マーク兄さんに抜かれてしまう(>_<)

案の定 アロたんも前に行っちゃったよ。

そしてそして ルイスに追われてるニコ発生 しかもフロントウィングなんかトッピングしてね?
「ニコが忙しいから やめろー」と叫ぶ我。もっとやってくれーと聞きとるトニー

いつになったら 疲れてくれるんだろー

ニコがこのままだと やってはならないマルチ109が発生しかねない。

気づけば 背中が痛いと言ってたキミちゃん 前に行ってるやん!

ロマンもマシントラブルかなんかで離脱

ひゅるくんとこも色々あったっぽいけど ニコが忙しい。

相変わらずパワーダウンしないトニーたち

マーク兄さんのクルマがおかしい! マーク兄さんの霧状の油をかぶる 私とトニーたちその他大勢

私はポディウムダッシュの夢を叶えるべく 最終ラップに入る前に移動開始
もう何が起きてるかわからない。
花火が盛大にあがり セブのチェッカーを知る。

ニコは無事チェッカーうけたかな?煌びやかな花火も現地観戦だとこんなもんである。

やがて ゲートオープン ポディウムにニコの姿はないけれど 夢は叶えたかな。

セブへのブーイングの渦中にどっぷり浸かり ブランドルさんのインタビューが始まったところでニコのガレージに行ってみる。第一コーナー側からもゲートがオープンされてたようで そっちからの流れもある が ”ロープ”付きである。
コースを封鎖するロープだね。インタの途中できてよかったよ。もちろんニコに会えるわけでもないし マシンはパルクフェルメにある。

しばらくして マーク兄さんのクルマがピットに戻って来たらしく 人だかり。
私のとこからは見えなかったけど 大きなカメラを抱える人たちは金網ごしに撮影が困難なようで しょぼい吾輩のデジカメに視線集中。前にいたご婦人が「あなたのならいけるわよ」みたいなことを言いだして 何かな?と思ったら ピットレーンの中にいるマーシャルさんが 金網を通過するカメラで撮影してくれるという。そういう利点もあるんだね。

ちょっと場所変えてピットレーン覗いたら そこではブランドルさんが解説中。
そんなとき 彼が金網越しに数人に握手し始めて 最後に吾輩の番が回ってきて なんか声かけてくれた(^O^)/
となりではRTLのタニヤさんか解説中。
奥では ジョニー ハーバードさん。 すごいよね~

どんどんロープが迫ってくるので 最後はニコを無事にチェッカーまで導いてくれたニコカーに感謝すべく目に焼き付けた。

コース上を逆流して まずはニコの運命を悪くしたリカちゃんのポイントチェック。

そして もう始まってるリアーナさんのライブに向かう。

これから さあ どうしよう ファイナルセッションだね! 

つづきは②へ


スポンサーサイト

« いまさらF1 SINGAPORE 2013 DAY3 SAT② | HOME |  これから始まるF1 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://medusa.blog6.fc2.com/tb.php/3157-f84e28c0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

プロフィール

medusa

  • Author:medusa
  • さわやか系スポーツの応援三昧
    ことのほか モタスポに夢中

    別格エリア
    ニコ ロズベルグ(F1)
    高橋 大輔(フィギュアスケート)

    第二グループ
    アンドレ ロッテラー(WEC・SF)
    酒井 ごーとく(サッカー)

    ぞっこん部門
    トト ウォルフ(メルセデスAMG F1 TEAM)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問履歴

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。