現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 SINGAPORE 2013 DAY2ー①

2013–11–05 (Tue) 01:06
朝5時 部屋が寒すぎて 風呂入る

あとからやってきた友人の 自身のチェックイン時間まで荷物を預かる約束の時間までに あれこれ準備する。。。



早くて8時と見積もっていたが 6時過ぎ到着したのだとゆー しかも ロビーにいるのだとゆー

えー まだ 初朝ごはんもまだなのにぃ

私はサンズに一番乗りを果たすべく 気持ち満々だったので ある意味都合がいい。

八時半歩いてサンズ入り。F1関係者は この時間 おふとんの中なのでノーセンサー観光ができます(゜-゜)

なんたって サンズ9時半開始ですわ。裏の偽の大木エリアを視察。やっぱ夜だね。

九時半 一番のりできました!1年365日のうちの1日の一番を獲得!←何がもらえることもないが

とりあえず 晩と朝の景色を確認。

朝は大したことないよ。朝は これから行くスポットがおススメ


では サンズを後にします。

なるべく隅々まで知りたいので 地下鉄ではなく徒歩移動します。

タンジョンバガー駅とアウトラムパーク駅中間をめざします。


見えてきました!次の目的地 ピナクル・アット。ダクストン!

デザイン型高層集合住宅です!

ココの屋上登頂します!登りたい方はお控ください。現地人も知らないです。

地上156m 7つの団地をブリッジで連結 登頂料$5 イージーリンクカードで支払います。
カードは入口 となりのセブン11で買えます。
わけわからない券売機があり 料金を支払います。
そのまま住人のエレベーターに乗ります。※乗り継ぎあり

50Fに着いたら イージーリンクカードを 扉にある謎な黒い物体にかざします。解錠されます。
あとは こころゆくまで景色を堪能。
おそらく 貸切だと思います。
セントーサ島も見れますし 今は船着き場でコンテナがいっぱいあるところも やがて移転しリゾート開発するので、このあたりも見ておきたい場所ですね。
サンズからは見れない チャイナタウン方向もばっちり。

出口は至るところにあるので お好きなところからどーぞ。


昼ごはんのため チャイナタウンに行きます。

チキンライス めちゃ美味です!※私 あんまり海外の食事 体質てきに受け付けないことが多くてグルメ旅はできません。ごめんなさい。

ヒンドゥー寺院もあったりして 楽しいです。

そのままボート キーをくぐり抜け 一旦ホテルへ。


友人の荷物を取りに行く目的と 午後から新しいルームメイトがやってくるからなのです!

ルームメイトさん 顔見知りじゃないからドキドキ

13時ごろだったか 新潟からやってきたという長い髪とほっそりした長身が印象的な東北美人。


でも なんだか もめてる・・・・(-"-)

というのも 私てきには 彼女から一人たびでくる人探してますという旅行社の申し出に応じただけなのですが いろいろ話がこじれちゃってたようで それを知らないワタクシ 意味不明・・・
もたもたしてたらGP2始まっちゃうんじゃない?って聞いたら 彼女は「F1だけでいいから」ときっぱり。
ならば 後はよろしくと ホテル出発。

友人のホテルエリアも気になることから チェックインについていく。

ブギスとリトルインディアの真ん中付近 ごちゃごちゃしてます。よくわかりません。

なんとかたどりつき 大急ぎでGP2へ向かう。

方向はわかるのだが なかなかコースにたどりつけない。GP2の音がしちゃってる(-.-)

ゲート2到達 GP2 すごい 壁スレスレしている! これ気持ち悪い!

GP2そっちのけで シンガポールフライヤー(観覧車)付近に 入り待ち族 ポツポツ 大半が日本人という・・・

パドックゲート出てきました。入り待ち盛況です!

金土とピットスタンド取っちゃったんで そこ行きます。
悲しいかな金網地獄です。暑いためか シャッターも下ろし気味でクーラー利かしてる模様で 余計見えん。
金曜は空いてるので 一番後ろの席に移動したけど それでも視界がクリアになることはない。おススメ席ではない。
ピットスタンドの裏に さらに観覧席があって おいくらするのかよくわかりませんが そこならピットレーンはクリアにみえそうですよ 。

お目当てにニコはあんまり見れなくて・・・ここまできて何してるんだろなぁ~なんて思ったり・・・それでも そこそこな成績だったかと。

友人とのチケットカテゴリは異なるので 戦略を練る。ここシンガポールはパドックエリアを除く4つのゾーンからなります。チケットの種類によって入場規制があります。
友人がゾーン1に入れるのは 今日と明日のみ。フライヤーはソーン1の一角なので F1のフリー走行の合間を狙います。

ポルシェタイム せっかくなので友人にピットスタンド見せてあげる。
私は 日曜は自由席なので 決勝を見るポイントを探す。


フライヤーに乗って見る。1基28人乗り ドイツ人ぽい酔っ払い3人 VS ノンアルジャポネ2
まだまだ明るい時間帯 パドックエリアを上空から覗き見。ドライバーは見えんかった。
だいたい30分

FP2 ほんとにごちゃごちゃしてるガレージ。もしも今度があるのなら もうここはやめよう。
ウォーリーを探してるかのようなニコビュー。姿は見れたけど 鈴鹿より見れてないじゃん!
ニコの成績 そこそこ。

友人はそのころ 遠くソーン4アンダーソンブリッジ付近で めっちゃ楽しいことになっていたそうな。
ルイスとセブが壁際走行するらしく 萌え萌えだったらしい。そこで たくさんの国の観客に愛されていたそうな。

FP2が終わると BIGBANGのライブがパダンで行われます。
そーいえば 昨夜からすんごい長い列作ってたな~~~~
友人は どういうわけだか 韓国人の女子グループと最前列近くて大はしゃぎ。

私は 疲れて 死んでた・・・・ これからワタクシ ハンティングするんで 体力チャージ中。

BIG BANG 終了 彼らについて無知ではあるが 同じ曲ばっかりだった気がする。


友人はこのあと どーするのかなぁ~と思ってたら 私についてくるという。
ぜったい会えるという保証はないけど いてる自信はある。
暗い夜道をさまよい 目指すは某所A。通過拠点Bにて ドライバーさんたちが動きだしそうな時刻までWIFIして過ごす。
と そこに ギドくん 発見!第一号!イケメン イケメン!
俺様センサー 調子いい!

某所A 裏口 ガード厳しい 
暗闇 けもの道ルート 潜入成功
某所Bと違い 落ち着けない雰囲気 早くニコ来てくれんかな?
周りは もう なんつーかアカデミー賞な感じ

と そこに ペトロナスな人が!!!
めっちゃでっかい!!! こんなにでかいのだろうか あのお方は???
ちょっと自信がなかったので 回り込む トトさんです!!!!!
トトさん背高い!ニコのファンだとアピールしたら オーバーアクションで喜んでくれた♪ もう大好き♥
友人は この方を知らなくて あとから ロスブラウンとかそのちょっと㊦らへんの人って説明したら悔しがってた。

それからボタスがやってきた。ウィリアムズもこの辺をさまよってるのか~

ロータスが見当たりません。。。。サンズにスタッフがたくさん目撃されていたというが カジノいってるだけかもなぁ。

そして たった一人でぷらっときたのが マーク兄さん
さすがに追いかけるライバル多し。 一番乗りしたワタクシ 2ショット成功
このあと プロストさんとも2ショット だけど すんごい手ぶれで。。。(-.-)

トトさんいたから 戦略に問題はなさそうだけど これ以上いてられる環境でもない。また 明日~~~

友人は このような状況に興奮気味

午前4時過ぎ 帰路につく 友人ともお別れ

午前5時 ホテル着 ちょっとドキドキしながら扉あける。
ルームメイト不在。まだ 遊んでるのかい!
風呂入る
午前6時 彼女帰ってきた 小一時間しゃべる
彼女は これから 風呂入って 夕方5時くらいまで寝るのだという。。。

TV見れんということだな はいはい

おやすみぃ
スポンサーサイト

« F1 2013 アブダビGP 決勝 | HOME |  HONG KONG MACAU 2013.11.14THU »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://medusa.blog6.fc2.com/tb.php/3147-ab821479

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

プロフィール

medusa

  • Author:medusa
  • さわやか系スポーツの応援三昧
    ことのほか モタスポに夢中

    別格エリア
    ニコ ロズベルグ(F1)
    高橋 大輔(フィギュアスケート)

    第二グループ
    アンドレ ロッテラー(WEC・SF)
    酒井 ごーとく(サッカー)

    ぞっこん部門
    トト ウォルフ(メルセデスAMG F1 TEAM)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問履歴

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。