現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Abu Dhabi 2011.11.13 SUNDAY 

2011–11–30 (Wed) 00:27
今日もサーキットへの出発は11:00。チェックアウトもしなきゃならないし、荷物の一時的保管もお願いしなきゃならないので、早めに戻ってこなくっちゃ

たまたまエレベーター乗ってた紳士が、このホテルの前にあるCNNで働いてると言っていました。見た目のまんま あぁ エリートさんなんだね。ここはビジネスホテル。このエレベーターに乗るたび、「プールに行こう!」とか「今からプール?」とかそんなことしか言われなかったから新鮮。結局 このホテルの目玉になってるプールには行かなかったな。

今 6:00 これから ちょっと ドバイメトロに乗って”世界の車窓から”を実践したいと思います。

今日も空気が澄み切っております。走ってるクルマは全てEV車なんじゃないかなと思わせるくらい透明感のある都会です。

アッサラーム アレイコム

まだまだ余裕の朝です。
2011111307250000.jpg
今年の9月18日にこのレッドラインに加え、グリーンラインが開通しましたので、記念に乗り換えを行ってみました。大阪の地下鉄みたいに階違いに交差してました。改札をくぐる必要はありませんが、こういう場合を考えても旅行者はシルバーカードの方が気楽かもしれません。とりあえず バール地区(地下駅)で折り返し。どんな場所なのかちょっと気になって地上に出てみました。
古き良きごちゃごちゃした方向感覚をうしないそうな場所だったので、ここは自分向きではないと判断。道を尋ねてみたけど、やはり他国からの出稼ぎな方が多い地区なんでわからないようです。ほんとは バスタキア地区散策とか、水上タクシーのアブラにのってクリークの逆サイドを攻略するのもいいプランだったのですが、時間との戦いもありますし、迷ってる余裕もないので次回に持ち越し。
時間さえ許せば、広い範囲じゃ決してないし、クリークに出れば方向だって定まるだろうし、ちょっとした迷路感覚で楽しめただろうになぁぁぁ。
今回行けなかったけど、スークはある意味テーマパークですよ。ついついモールとかに行きがちですが、日本在住の方には特におススメ。モールももちろん魅力があるけれど、日本のより規模がとにかく大きいというだけで、それほど違いはないかと。できれは、日本で味わえないスーク(市場)の活気を感じたいものです。
水上タクシーのアブラですが、女性も単独で乗れると思います。定員20名で満席になり次第、逆サイドに向けて出港。出港後 Dh1徴収に来るとのこと。だいたい5分。行き先を確認してから乗船を。

8:00 ドバイの通勤ラッシュが始まりました。このテの戦いには日本で鍛えているとはいえ、かなり苦しいです。ムハンマドたちはいないけど、現地のみなさんと同じ気分を味わえたのは経験として大きい。

朝のバージュカリファの雄姿を見に途中下車。

ドバイモールは10:00OPENなので、途中のカメラスポットまでで引き返します。
2011111308420000.jpg
お日様にあたるその雄姿はまるで収穫時期を逃した巨大たけのこ。トムクルさんもこんなとこよく長時間ぶら下がって落ちてきたな~。なんなら 今日も落ちてきてくれたらいいのにぃ。

このバージュ トムクルとお別れして さて 次はどこへ参りましょう?

ちょっと 高級住宅地っぽいとこ行きましょうか?

ファースト ガルフ バンクという駅で降りてみます。

斬新な豪邸はないものの、高級一戸建て地区です。空き地=砂漠。
空き地を通るとショートカットにはなるのですが、足をとられて体力を奪われる可能性もあるので、よく考えて横断しましょう。
芝生は歩行者にとって有効です。頻繁にスプリンクラーが作動するので注意が必要ですが、ここの芝生は日本のとは違ってプラスチックで出来てるかのようなくらい弾力性とひんやり感があって疲れを癒してくれます。
摩天楼地区にも言えることですが、空き地=砂漠なのを見ると、ここがかつて砂漠だったということに気付かされます。こんな不毛の地に緑が宿って、人間の力ってすごく甚大で怖いですね~~~~。かたや 砂漠化が問題になってる国もあるのにさ。やっぱり 人間って怖い。

この高級一戸建て群を3キロほど歩けば、有名な自称7つ☆ホテル バージ・アル・アラブがあります。ここは、宿泊者もしくはレストランの予約者のみしか中に入れません。その傍らにはスーク・メディナジュメイラがあるのですが、まだ時間外。駅から2キロくらいのところで引き返します。

※もう少しジャルジャよりに歩けば、パブリックビーチ(Dh5くらいで入れる)があります。よく見るバージ アル アラブの撮影ポイントはここなんじゃないかなと推測しております。

こんなに澄んだいい朝なのに、出歩く住人は数える程度。こんな灼熱の大地のベストシーズンなんだから、もっと有意義に使わなきゃダメだよ~なんて思いながら、ほぼ貸し切りの帰路をありがたく堪能。
駅まで、あっとゆーま!それでも10時すぎ!!! 急いでホテルに戻らなきゃ!!!

ここの女性はとても親切だよ。メトロに乗っていたら「私 ここで降りるから ここに座りない」とか言ってくれるの。ここの人たちは必要最低限しか干渉してこないから居心地がとてもいい。

メトロにのって数駅。10時半 ホテル着。大急ぎでシャワー浴びて体操服に着替え。着替えたら、もう出発できるように出かける前からしてたからセーフ。

チェックアウトの作業に手こずって11:00。やっぱり 日本とちがって のんびり屋さんだからさぁ。

ここはビジネスホテルだけれど、よその国から来たF1旅行者もたくさん泊ってました。
2日連続宿泊の女性には割引もあります。

本気でF1観戦をするなら、高級リゾートホテルはもったいない。
それでも悪知恵は働き、サーキットの真ん中に陣取るホテル ヤス・マリーナホテルに泊まっちまえば、観戦券いらないんじゃないかなと。F1開催中は その関係者及びVIPしか入れないようです。そりゃそうね。。。

F1ROCKS見るなら、アブダビに宿泊した方がいいかも。

そんなこんなで、サーキット向けて出発!





スポンサーサイト

« イス取りゲームが動き出した。 | HOME |  バレーボールにも ファステストな世界 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://medusa.blog6.fc2.com/tb.php/2621-95987199

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

プロフィール

medusa

  • Author:medusa
  • さわやか系スポーツの応援三昧
    ことのほか モタスポに夢中

    別格エリア
    ニコ ロズベルグ(F1)
    高橋 大輔(フィギュアスケート)

    第二グループ
    アンドレ ロッテラー(WEC・SF)
    酒井 ごーとく(サッカー)

    ぞっこん部門
    トト ウォルフ(メルセデスAMG F1 TEAM)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問履歴

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。