現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのU・A・Eへの道 2011 アブダビGPへ逃・飛行

2011–11–15 (Tue) 23:30
F1をこよなく愛する日本の皆さまに

U.A.Eの現在を知ってもらい、またヤスマリーナサーキットを身近に感じていただきたく思い、これよりメデューサ至上 最大級の文字数でアップしていきます。完結はシーズンオフに入ってクリスマス前になろうかと予測しています。あまり更新が滞ると、レースの記憶がかなりアバウトになりますが、これはいつものことですねっ!

特にメデューサ同様周りにF1関係者の知り合いがいない突然変異な熱狂的F1ファン、どこかの国に観戦に行ってはみたいけど勇気がないとか、アブダビって遠いよねって渋ってる方に読んでもらいたいです。ときに脱線もしますが、ぜひお付き合いください。 


メデューサだって、1昨年までは海外観戦なんて夢のまた夢でした。それも一人参加だなんて まぁねぇ~。
語学力もないし、なにより臆病者だからね。

”これぞ引き締まる一年を送りたい”ということで、2011年の目標に海外一人旅を掲げてみました。
でも やっぱり勇気が出ません。
そこで思い付きました。 メデューサにとって海外ではきっとサーキットはゆりかごみたいな存在になると。
それで、1月に入って早々 マレーシアGPにエントリかけました。
↑のんびり屋のメデューサですが、目標達成に関しては結構せっかちなのであります。
そのマレーシアGPは御存じの通り、レポも書いておりません。その時 ネット環境の不具合等、当ブログも閉鎖状態でしたし・・・マレーシアなんて憧れにもなかった土地だったけど、行ってよかったです。
只今メデューサ海外ランキング総合1位であります。ニコの力を借りた状態で目標達成。ニコ ありがとう!

ニコのガレージ初めて見たときは不思議な感覚でしたよ、ホント。”ニコがマレーシアにいてる”みたいな信じられない感覚。いなかったら、メチャクチャ怒るんですけど。 そもそも自分がマレーシアに来たことがおかしいってのにね。
クアラルンプールも街もほどよく刺激的で、ここで暮らしたいという感じです。

さて ある程度、下調べをしておけば、海外も怖くない かも ということで、アラブ首長国連邦へ。
ここはアラビア半島諸国の中でも平和な集合体。ただし、イスラム圏に惹かれる体質なので、情勢的に騒がしい場所も多いに興味があります。いつか希望を現実にできればいいのですが。

※2012年の目標ですが、ものすごく規模が小さく壮大なものを予定しています。冗談です。
 日本でコツコツ何かしてます。そんな感じです。”いつか必ず”タイプは、そのうち夜空に映し出される予定です。宣言済みです。もしご覧になった方がいらっしゃったら「見たよ」と報告してくださいね。 



メデューサが ドバイという地に憧れを抱いたのは かれこれ 10数年・・ 20年近くも前。この地に一体なにがあって 憧れたのかすらわからない。

そして 10年前 エジプト旅行からの帰国便がドバイにて給油するという たとえ一時であっても願ってもない事態。
そして幸運にも窓際席。着陸時 この目に焼き付けるべく 窓にかじりつく。
しかしその先に見えたのは 海岸線にセレブリティ~なヤシの木が列をなしているという いたってシンプルな光景。
それは 今でも鮮明に記憶に残っている。
それだけしか 見えなかったこと自体が不思議な出来事。


それから10年・・・

人工島パーム アイランドができたり、
世界一高い建造物バージュ カリファができたり、
首都アブダビではF1GPが開催されたりと、その魅力は24時間休むことなく増していく。
恐るべし 石油大国よ。

この発展著しい砂漠の地を やはり一度 発展中に見ておかなければいけないと後悔するような気がした。

ほんとは来年のF1GPに照準をあてて計画してきたけれど、ただ応援してるだけなのにF1と出会ってからは、やりたいことも、やらなければならないことも、改善していかなければいけないことも、いろんな角度から要求されてくる不思議な世界だから、できることから攻めていくということでU.A.E行きを決心。


滞在はドバイなので みなさんに少しだけドバイとは?をご案内します。


ここで ドバイがリゾートに力を入れる理由を考えてみよう。

そもそも UAEとは7つの首長国からなる国。
石油の多くはアブダビから産出されており、ドバイでは2015年にも石油が枯渇するのでは?との懸念を抱いている。多くは石油依存。農業 工業、モノを作るのは苦手としていて 将来に不安に抱かずにはいられない。とのことで、リゾート大国の道を歩みだしたというのが背景にあるらしい。

しかもやるなら とことん世界一を目指している。そう 2番じゃ ダメなのだ。

その世界一には 多くの日本の技術がかかわっている が 知られていない。

ここドバイはモノを作るのが苦手。日本は? そう モノづくり大国だ。
日本は ドバイから石油を調達し、技術を提供する。そんな感じか。


ヤスマリーナサーキットとフェラーリワールドはアブダビ側にあるけれど、ドバイも計画ではF1の巨大なテーマパーク建設計画されているというから、ドバイショック以降心配された景気も回復傾向にあるのかな?と。

本当のドバイの力を思い知らされるのは、2015年以降なってからになりそうだ。
スポンサーサイト

« なぜ いま 関空なのか | HOME |  機内にて »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://medusa.blog6.fc2.com/tb.php/2553-5ae5001a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

プロフィール

medusa

  • Author:medusa
  • さわやか系スポーツの応援三昧
    ことのほか モタスポに夢中

    別格エリア
    ニコ ロズベルグ(F1)
    高橋 大輔(フィギュアスケート)

    第二グループ
    アンドレ ロッテラー(WEC・SF)
    酒井 ごーとく(サッカー)

    ぞっこん部門
    トト ウォルフ(メルセデスAMG F1 TEAM)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問履歴

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。