現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念

2012–06–29 (Fri) 12:50

※綴りはあいまい
スポンサーサイト

ドイツ イタリアに負けちゃう

2012–06–29 (Fri) 05:52
ユーロ2012ドイツVSイタリア戦 
ニコが猛応援中のドイツは敗れてしまいました。

って ことで 決勝は イタリアVSスペイン

と いうことは フェラーリVSアロンソ

シルバーストーン中に決勝があったらおもしろかったのにな!



ニコへ
ドイツVSイタリアは残念だったけど
メルセデスVSフェラーリは メルセデス圧勝でいきたいね!

浪漫が結婚した!

2012–06–28 (Thu) 22:38

お似合いです。

優勝して挙式したかったんだろーにな。

ニコお誕生日おめでと♪

2012–06–27 (Wed) 22:57

まだ 27歳 いいなぁ

ニコのバレンシア ビデオブログ ドイツ語編

2012–06–25 (Mon) 23:49
どっかの裏庭にて

アンドレが 枕のガレージに出没

2012–06–25 (Mon) 21:46
アンドレがバレンシアGPに来てたんだって!

見逃したな~ TV映った?

サッカー選手は映ってたよね?


アンドレは F1に乗ってみたいか聞かれ 「ぜひ!」と言ったらしい。


アンドレならできるよ 成功するよ!

ちょっとルーキーなお年頃じゃないけどねっ
でも 他カテゴリーのベテランさんが入ってきた方がいいかも

このごろ 若いこたち 暴れてるから。 しかも ベテランと遜色なく速いからこそ困る位置にいたり。
いいような 悪いような 今のF1に新しい風を!!!

やっぱり レース直後はハッピーじゃない

2012–06–25 (Mon) 21:38
ちょっと不機嫌です


たしかにシューさんは表彰台に立った。

ニコの6位もそうなんだけど、ライバルから頂いたポイントはかなり大きい。

一時は真後ろがケイタさんだった時は絶望を味わったらしい。
メデューサも心配したさ。
ピットも呼んでもくれなくて 順位が急降下したときは もう!

追うべきひとつ前のライバルに20秒離されて 願いをこめて交換した新しいタイヤ

そこから奇跡は始まった

捨てレースだと思ったからこそ 猛プッシュできた奇跡のラップの数々

画面に映りはしなくとも ニコは輝いていた。

周りがズリズリしてきたことも ぶつけ合ったことも そんなのいいや


順位がだれかがくれたものとしよう だけど
その瞬間 誰よりも速かった これこそがバレンシアで持ち帰ったニコの大きな大きな結果なんだから!

バレンシアGP 決勝 明暗の中に光現れる

2012–06–25 (Mon) 00:58
先に言っちゃう


シューさん アロ キミティ表彰台おめでとう!


さて ニコが抜かれるサーキットと言い切り偶数列が不利とのことではじまったバレンシアGP

さっそく 偶数列のただしいスタートを切りポジを落とすニコ

シューたん プライム新品スタートにやがて 抜かれる感じのニコ
それでもリアを労わりなさいとお叱りをうけている・・・


激しくセーブしてる可能性もあるメルセデス 若干の希望を抱えながら”抜かれる”ニコ


麦わら帽の乱入もあったり (2年前 ビンも乱入してた!)

浪漫 ノリノリ

何かシューたんが来ないと思ったら すごい仲間を引き連れて走っているではないか!
めちゃ危ない集団が結成されていた。

シュー マーク兄さんピットに避難 (すばらしい英断)

その周 カムとセナくん やっちゃう

セナ      → ドライブスルーペナ

ぽおる ワンストか?

ニコ ピット
ちょっとは変わるかな?

なんかシューさんが速いし 時間の問題でニコ抜かれる

平気とベルがごっつん
SC呼んでくる二人

べっくんの持ち時間がなくなっちゃう

べっくんをおいて ピットに急ぐ面々

慌てるハミピット陣 → ハミ不機嫌再発

べっくん なんとか持ち時間のあいだにピットに入り 先頭車両をキープ

リスタート

ニコ 抜かれに抜かれる 有言実行しすぎ!ダントツのビリへGO!

カムと抹茶 ごっつん
カム リタイア → 審議 → 結果 次のレース -5グリ

べっくん スロー走行 → リタイア

浪漫 初優勝へGO!

ベっくんの流れを受け継いで 浪漫 スロー走行 → リタイア

ニコ悲惨な走行継続

シューピット そこそこの速さ

ニコグダグダなのに 呼ばれない

牡丹とニコ 悲惨走行らんでぶ

ニコピット 

トロロが興奮中

ニコ 予定外の最速開始

ニコ セナくんを追う

シューたんが そんなにプッシュしてないのに ばんばん抜いてくシーンが映る

ニコあきらめなくていいかも 10位行けるかも!

ニコが抜き始めました!

牡丹のまではまだまだ遠い道のりだけど
 
ニコ 最速いっぱい! こんなサプライズがあったとは!

シュー ペレスくんの前へ ぽおるも抜いちゃう!

ニコも便乗してポジ回復中 牡丹が目の前にきたべ

ハミ タイヤ苦しい マルと不用意なバトル

ハミ壁にごっつん

シューさんに 表彰台のプレゼント


アロ ジモティ 周回遅れの抹茶と一緒にトップチェッカー ルマンみたいなチームワーク


アロ 謎のクルマ止め スーパーマン的ぬいぐるみは何?
もしもサンプル取れなかったら どうなるのかな? ハミと同じようなことに???


表彰台でアロの帰還を待つキミ「たのむよ 早くしろ!」

優勝のようなメルセデス勢
この調子じゃ ニコのお誕生日会はしてもらえそうにないな。。。

最後CSでは おぐたんさんがニコの最後の追い上げをほめてくださいました。
とりあげていただいてうれしい限りです。

ニコは このバレンシアでも力をつけてきたね!



知らん間にニコは ペレスくんとぽおるまで抜いていた


ニコ ハミにご立腹?

2012–06–24 (Sun) 08:28
仲良し二人が 一緒に話し合いに行ったとゆー

あの時点では 誰にでもポーポジのチャンスがあったからね~
いらいらしながら後ろを走っていたのでしょう。

真後ろにマルがいたし 最終セクター入るまえに 車間距離あけるのも難しかったしな。

決勝では ニコの御機嫌が戻るようなレースになればいいな。

バレンシアGP 予選

2012–06–23 (Sat) 23:39
今日もいい天気

ニコにやさしくないこのコース フリー走行の調子をみてもちょっと昨年よりはよくなってる気もする。 タイムを出そうとした時に イエローになったりしてたのはある。 でも やっぱり 厳しい。

そんなそんなで始まった予選Q1

ニコはプチ混雑に遭遇 いきなりの想定内危機
アタックに入れないのか 何周もして戻ってきた。
シューたんは あっさりトップタイムを出してからは余裕。
ニコ プチ屈辱の2回目プライム走行 2番手にあげる。
まぁ 2回目の面々は黄ドーナツだったから それほど恥ずかしくはない。

マーク兄さんが不具合だろうがQ1落ち 平気がその穴場に入る。
平気 ますます馬乗りへの道がひらけたか?

Q2
ニコ いい感じの車間距離
OPさっそくトップタイムで さっきの生き残り戦の疲れをリカバリー中

ほとんどのクルマが2度目にチャレンジ
浪漫がミスしながらも速くてね。
13番目の抹茶まで1番手と僅差。
あこがれのQ3への道は厳しく
ここのとこ流行っていたQ3で走らない作戦をQ2で考える時代へ

気の毒にも馬2頭とシューたんと 意外やペレスくんまで 脱落 


Q3 ニコ失敗ラップ とにかくタイヤ交換してこないとレースのスタートにひびくかな?
周りはポンポンタイムを更新し
ニコの2回目は 何ともハミとマルの間に隙間なく挟まれ 何もできなく退散

キミちゃんが苦戦するかと思ったけど 浪漫と僅差で

べっくん
ハミ
マル(セナくんヤバい~ ハルボテにんまり)
浪漫
キミティ
ニコ(みんなと互角に戦えて何よりだ)
カム
ひゅる(審議中)
牡丹 (最後のため息が 彼の苦悩を物語る)
ぽおる

英雄アロ
皇帝シュー
抹茶

ここでよろこぶフジT
セッション途中までひゅるより後ろだったりすると 「ひゅるは審議中ですから」ってな感じだったのに、終わって見れば「7位 ここはダントツ奇数列が優勢です! 審議中のひゅるはカムイより後ろですから関係ありません!」と喜んでいる。

奇数列がダントツなら ニコはダントツ不利なわけか

抜きにくいというなら ひゅるの審議はー5グリで落ち着いたほうが マハラジャ的によくねえか?
ぽおるもひゅるも奇数列になれるんだぜい?

でも ニコはね オーバーテイクは可能だというの

それはね ニコの後ろにキミちゃんが走っていたとき 追い抜かれそうになったんだって。
だから 追い抜きはできるっていうの。
自分が抜かれかけた経験をもとに述べてる。やられる=できる F1でこんな見方のできる子がいただなんて。
なんて かわいいの~♪ふつう 言わないよねぇ 

偶数列でも 追い抜けるかもよ~ ニコっ

バレンシアGP 開始

2012–06–23 (Sat) 00:39
FP1のことは存じない

FP2からちょいと

先に申しますと 結局なところよく理解してないセッションであります。


メルセデス勢は 空いた時間をチョイス

シューさんはアウトラップ後すぐにタイムアタックをするのに対し ニコはもう一周か2周多く走ってアタック。その辺がどうなのか心配。

メルセデスさんが シューさんのクルマに集中すると断言しているだけに、次はニコのクルマが危なくならないかな。
ニコ ちょっとした心配事でも クレーム言っとかないとね!

その後 トップタイムをたたき出してシューさんがクレーム言って ピットへ戻って行く。


ニコも何周かこなして かろうじてトップタイム更新。プライムで初の39秒台だ。

抹茶のコースアウトが目立つ


ハミ仕様車に乗る牡丹 ハミよりいい感じ


そろそろ オプな時間

牡丹車 あんまり効果なさそうな・・・ すぐ帰る

ニコ 最速開始

が しかし でらたんが突き刺さってるではないか!

でらたんが無事で何よりではあるが ニコの最速の時間を棒に振ってしまった。

でらたんのいるセク2はプッシュ不可能だが ニコは約3周セク1・セク3を最速で駆け抜けていた。


シューたん チェック走行1周したのち サイドコースイン
そく最速タイム(OP)
ニコのタイムがわからないだけに 残念

ぼんやりしていると マハラジャや ざうばさんが入ってきてて ニコは10位転落

OPは履いて出てきたが ニコロングラン開始
ロングラン1号車のため 急に遅いクルマが走りだしたように見えた。
結構長く走り続けていたので レースではなんとかなるのかもしれません。

シューたんを追い抜く 浪漫が映りました。
浪漫はそのままコーナーをストレートに通過。あれはけっこう危険だった。

気づいてみれば 枕イマイチ 共倒れせぬか気がかりだ。

シュー4位 ニコ10位決着

だけど ニコのは プライムタイムだからね!

ニコ もうすぐドイツ代表の試合が始まるね!
だからか コメントも早く出してすませたんだね!

ニコは やっぱりちょっと長めな髪型がいいなぁ

2012–06–21 (Thu) 22:17
ちょっとさっぱりしすぎた感じ?

髪の毛の美しさが最大限にいかせられないもの~

ドイツガンバレ

モノコックなお話

2012–06–20 (Wed) 22:43

知らない人も登場

安全第一

追い抜き やれそれ

2012–06–20 (Wed) 22:37
ニコの追い抜き一覧

メルセデスになってからも けっこうやってたんだね。抜かれてるイメージの方が多いから。

予選でポテ以下に落ち着いたら バトルもできるのだが・・・ ニコ予選ポテ以上だから・・・
レースじゃ 悲しい場面も多くなりで。

それでも すくなくとも今季2勝目はいただく!

鳥人間現る

2012–06–19 (Tue) 22:24
勝者のイケメンさんの前に 立ちはだかる謎の鳥人間

ニコが 髪切ってさっぱり

2012–06–19 (Tue) 22:14
こんな近くで それも 何かもらっちゃってるし サインもらい放題だし

いいよなぁ

ニコはこうしてみると かなり細身

2012–06–18 (Mon) 00:01
首が太いだけなのかな?

ル・マン2012終了!

2012–06–17 (Sun) 23:59
3月の鈴鹿で アンドレがあまりにもいい人だったので応援することにその場で決めたワタクシ。もち ちょー一番はニコであることには揺るぎはない ので ニコは安心するよーに (笑)

アンドレ号(あとのお二人を存じないワタクシ) ポーポジ す すごくね?


だが、さすがに24時間 見てられないです!

見てない時に事件は起きるもので

仮眠した瞬間にトヨタ8号に 続いて ▲56号 カズキ7号 消える

何があったのか 調べるよりは 今現在戦いをしているクルマにいそがしいわけで・・・

どきどき ちょっと ルマンも現地観戦してみたい気になってきたし

将来 行くことを早まって想定し

現地深夜時間 グランドスタンドなどに映る現地の人々の24時間の過ごし方を学習したり

24時間ってことは サーキットに泊れるわけで 宿の心配&節約できるなどいいこともあり

ただし 雨だったらどうしようとかも思ってみたり・・・

学習のため 来年 雨降るといいね なんて 自分勝手なことを考えたり

24時間もあれば つい。

F1にいた諸君 カズキくんを含め フィジにニック ぶえみん ボーデさんなんかもいて やっと身近になってきつつあるルマン。

こんなにおもしろいレースだったのか!

カズキくんはいろいろしでかしちゃったみたいだけど~ 見てなかったから

それよりアンドレの快走はずばらしい。
こう言っちゃなんだけど 彼は何故日本のレースに落ち着いたんだろう?もったいない気がする。

1台三人のドライバーってこともあり なんかF1よりチームワークを感じて熱いんだなぁ。

とにかくアウディが強くって 2号車3号車はかなりのトラブルがあったらしいけど わづか数分で修復したそうな。
アンドレ号は何もなかったのかと思ったら いろいろあったみたいです。

それでもトップ快走 勝利しました! おつかれーーー カッコよかったよ^^

解説者も相当つかれたか 海外の番組は淡々と終わり

日本の番組へ ここも疲れてか淡々と・・・

エンディング曲は ニコがクリスマス会で熱唱してたU2の曲 うひゃ~




ドイツGP 行きたかったなぁ

2012–06–14 (Thu) 23:00


たのしそ!

メルセデスを知り尽くす旅に 当選すること前提で応募したってゆーのにぃ!!!!

めっちゃ レポ書く気満々だったのにぃ!!!!

ニコ ごめんよぉ 現地で応援できないよぉ 

日本から精一杯応援するから がんばって~~~~

これはCMか?

2012–06–14 (Thu) 06:25

よくわからない・・・

終わったよカナダGP

2012–06–11 (Mon) 05:40
ニコファンには大変疲れる序盤

いきなりズリズリ開始 昨年よく聞いた 燃料がどうのこうのとさっそく言ってる

後ろのシューたんの方が断然イケてる感じで・・・

ニコはみんなにつつかれ抜かれ 抜いたヤツはその後スピンして順位を落とすというムダな展開

ニコが一番にピットに入るのかと思ったら シューたんが先(あとから考えれば不具合のせいかもしれないけど)

ニコはポールが先にピットに入って前が空くと持ち直し始める。


牡丹空気的戦略

上位はどんどこ前に ニコ付近は引き続き大忙しで

それでも最速な時間もあったし 序盤のズリズリからは復活の兆し


シューさんはDRSが閉じなくなって やめちゃうし

ニコは2回目のピットを終えると キミちゃんとペレスくんを何とかぬく

その後抹茶に近付いて 抜きにかかるがシケインカットとポジ返還のため緩めると ペレスくんにも献上。
あとあとペレスくんに馬鹿にされるんだろうなと思うとヤな感じ。

ニコは抹茶をかわし 抹茶はピットへ(もうちょっと早く入ってくれてればなぁ)

現在3番手のハミが快走を続ける中
前の二人がズリズリ開始 
順次かわされていく

べっくん たまらずピットへ

アロ我慢

アロ悲惨な走行へ

浪漫にかわされ ペレスくんにもかわされる

このアロとべっくん 普通に②ピットしてれば表彰台はかたいハズだったのになぁ
このような展開になってしまい
もしかして ニコのあの抹茶へのアタック失敗がなければ もしかしたらペレスくんの表彰台はなかったのではないかなと思うのです。
ニコのフタが取れた瞬間ペレス君のファステストが開始されました。
ニコががんばれば べっくんの3位は可能だったのではなかろうかと。
ニコはやがて抜かれる運命だったのでしょうけれど。
まだまだ危険な走りをする子たちだから バトルはしたいのだろうけど賢くポイント持って帰らないと今のメルセデスは崖ですからね。
そもそもFP3の不運でどうにもならないんじゃないかなと思っていただけに、うれしいポイントです。

しかし シューたんにポイントがつかないと ざうばさんにやられるのも時間の問題 他のチームにもね。

今はシューさんにレース時のトラブルが多く発生しているけど、同じクルマに乗ってるわけだし 次はニコかもしれないし 二人ともってのもあり得る。
なんとか レースごとのポテに値するポイントは持って帰れるようにしないことには!
次のバレンシアは 今までニコにいいことをもたらして来てないから どうかな?

結果は ハミ 浪漫 ペレスくん べっくん アロ ニコ マーク兄さん

そう言えば ウィリアムズ勢目立たなかったな!

牡丹は終始空気を演出 何がこーも悪いのだっ!
ハミは戦略も完璧で 枕はやっぱり速いってことなのだが わからんF1奥深き世界。

ロータスさんとザウバさんは嬉しいタナボタGPで
互いにダブルポイント獲得
だが キミちゃん・カムは複雑だろーなー。
ファンも楽しくないだろーなー。

ニコ的に予定されていたSCタイムもなかったので とても早く終わることができました。
まぁ そろそろ仕事へ行く準備をしなければなりませんが、今ゴルフPGAツアーの上位争いが凄まじいことに夢中になりたい気分です。


予選後の意気込み

2012–06–10 (Sun) 08:36
シューさんはいたって真面目モード継続中なのに ニコ応援モード スポンサーロゴも隠しちゃってる


まさか予選前にこんな笑顔が見れるとは! その手はどのように応援に使うのかな?
Au-QmTyCIAEFSvf.jpg
この隣の方 ニコと仲良し♪

こないだも
581336_10150995092724874_1670297506_n.jpg
こんな感じ

気の合う仲間が傍にいてくれるとファンも安心だ

ニコの予選後のインタビュー

2012–06–10 (Sun) 08:26
やり切った感のあるこの表情

まわりの不運もあったりしての5番手スタートだけど 夢のQ3だった午前の悪夢を考えるとすごいことだよ!

F1 カナダGP予選

2012–06–10 (Sun) 03:28
Q1大混雑

ニコさっそくコースイン FP3の鬱憤を晴らしに行こう!

そのわりに何のトラブルもなく、シューさんに大差をつけられつつもニコ2回コースに出てQ2進出。


Q2大接戦の予感

馬たちイエロー(2回目レッド) その他レッド

意外とキミちゃんたち苦戦。

リカちゃんいい感じだよ~

ニコもなんとなくマシになった気がする

ザウバさん困惑

マル 危険なフィニッシュ


Q3
ニコ奇跡のQ3進出!この時点でもうおめでとう♪

さぁ 早くコースに出よう!

そしたら みんな出てきた・・・ポールだけおいしいとこ狙う作戦か(結局 出遅れてみんなの二回目に遭遇)

ニコの車間距離いい感じよっ

ニコも14秒台入ったし もういいよ

シューさんのポーポジおかわりかなぁなんて思っていたら

そしたら べっくん13秒台入れてきて もう一回出てきてさらに伸ばして、これとにかくシューさんでもムリだなと彼がアタックする前に決めてもうた。

絶好調ハミも猛アタックするんだけど メチャクチャ及ばず

こちらも絶好調 抹茶も曇り気味

シューさんのラストアタック予定は抹茶(かな?)と車間距離が問題でギブアップ
ニコよりポテのあるメルセデスが撃沈
レースじゃ速いはずだ そうだ!

結果 

べっくん
ハミ
アロ
マーク兄さん
ニコ♪

よくやったよ~ ニコ

さぁ ニコ ドイツ代表のサッカーが始まるよ!



SHARPの前に立つニコ

2012–06–10 (Sun) 01:58
Nico+Rosberg+Canadian+F1+Grand+Prix+Qualifying+vCtYj0yB3tsl.jpg
FP3の突然のトラブルで走れないニコが見つめるのは ライバルたちの仕事っぷり

がんばれ ニコ ガンバレ SHARP

カナダGP ニコのいないFP3だなんて

2012–06–10 (Sun) 00:30
遅れ気味に登場したニコ

昨日は正直 シューたんに完敗だったから 今日は一番に登場かと思ったら

シューたんの方が先に出てきた・・・


しかも 登場をよろこんだ瞬間 すでに動いてなかったし!

だけど 別にどこか突っ込んだシーンでもなかったので その辺は落ち着いて見守ったけど。


ニコの貴重な改善タイムを台無しに・・・・

予選に出れるとは思うけど どうだろう?

コンマ5でQ2落ちラインだったから もうニコの予選は絶望的だね。


ニコ本体は戻ってきてすぐ コーンフレークらしき物体を補充したそうな。

そしてお着替えして パソコンに夢中 トニーさんに画面を目隠しされる。
自身でトラブルを探っているそうだが、ワタクシ てっきりユニクロのサラファインプレゼントチャレンジスロットをしてるんじゃないかなと思っていた。
(3つ揃っても エラーでもらえなくて・・・)

ベっくん アロ シュー ハミ あたりが混戦で

キミちゃんも仲間に入ってきたんだけど その後変な走行して今審議してるんだよね。
この結果次第じゃニコ同様 レースで不利な立場になるかもしれないね。

抜けないサーキットではないけれど やがてポロポロがコースに育ってきてラインがなくなっちゃうから、そうなる前に後続勢は抜きにかからなければならぬのだ。

あと 牡丹もポールに文句言われてたね。

ニコがいないと 周りの動きは理解できるけど やっぱり気が抜けるね~。
しかも深夜枠だから 今起きてる意味を問われたけど 日本男子バレーのせいで目はぎらぎら継続中だったから踏ん張れました。

予選まで あと一時間半 この間サラファインチャレンジすっかな!

めざまし ドバイ編

2012–06–09 (Sat) 08:15
この時期のドバイは灼熱なんだろうな・・・

貸切みたいな街になってた。

もっと ドバイの魅力を報告してんもらいたかったけど、メデューサが報告すればいいか

そうだそうだ

ニコのポテ不足な初日

2012–06–09 (Sat) 08:13
SSがよろしくないね~

SSはロングランのみとはいえ、シューたんとのラップタイムが違いすぎる!燃料搭載量が違うんだろうか?


しかし シューたんのFP2最後の最後は 二度連続ピット入りすぐ出てきてた。
タイヤ履き換えたのか・ピット練習なのか・・・

青セナくんによる赤旗中断により しばし休憩

再開するやいなや やる気満々のシューたんがピットレーン出口で一番にならんだのに 一時停止せずにやってきたひゅるくんたちにぬかれた・・・
ニコはひたすら マルの前をじゃま走りし 前に出てきたシューたんに前を譲ってもらってFP2を締めくくりました。 

ときめいてる子は 初日は抹茶かな~

シューさんのSSは 結構速い

2012–06–09 (Sat) 00:38
べっくんがSSタイムで一番速かったFP3。

その中でも シューさんは本気ラップ1周目で結果がでてた。

これは 予選で手ごわそうです。

平気は平気なのか!

2012–06–08 (Fri) 23:53
平気クラッシュ

でもさすが平気は大丈夫だった

ここのマー君はアグレッシヴ♪

すぐさまでてきて デブリ退治してた

 | HOME |  次へ »

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

プロフィール

medusa

  • Author:medusa
  • さわやか系スポーツの応援三昧
    ことのほか モタスポに夢中

    別格エリア
    ニコ ロズベルグ(F1)
    高橋 大輔(フィギュアスケート)

    第二グループ
    アンドレ ロッテラー(WEC・SF)
    酒井 ごーとく(サッカー)

    ぞっこん部門
    トト ウォルフ(メルセデスAMG F1 TEAM)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問履歴

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。