現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 オーストリアGP

2014–06–23 (Mon) 01:06
連戦じゃないんだけど あっとゆーまにやってきたレッドブルリンク

予選で メルセデスにいろいろあって ウィリアムズがすべてキマッて ニコ3番目 ルイス9番目


燃費の問題と まだブレーキのトラブルが懸念されるメルセデス

逃げたいニコと 追いつきたいルイス レース中 大人にならなければならない時間帯がくるのは避けられない。


そして一番厄介な相手が 前を走るという


フォーメーションからロケットなウイリアムズ 

レーススタート 
ニコはボタスくんの前に一瞬出る 
ルイスがモーゼに 5番手
やっぱりスイスイくる

ペースを上げれないニコ 2秒のギャップはタイヤにはよいが。

セブ スロー走行も そのまま続行を命じられる→やがてリタイアすることとなる

リカちゃんが遅れてるのが心配

今回ペナルティは緩和されているが ターン8だけは厳しくチェックされる。

ロマンはピットレーンスタートだったが すぐさまピット。マルもキチンと走っている。

アロたんが けっこう速いペースで走っているが 先頭集団から離されかけているミステリー

ニコに襲いかかるルイス

ウィリアムズの前に立つのは トップスピードが速いので至難の業 ルイスならできるかもしれないけれど アンダーカットが一番有効な手段
ニコがボタスくんに迫りだしたら 一気に仕掛けないとっ

ひゅるくんピット 

ニコ アンダーカット仕掛ける

前が開けたルイス スイスイ

ニコ ちょっと前が混雑

グティ ピットで立ち往生

ルイスピット

フェリペピット→ニコの後ろ

次の周 ボタスくんピット→ニコの後ろ

ニコの前  なかなか抜けないペレスくん
そんなに気を使ってなさそうなのに タイヤにやさしい子

コース内の芝生 ♥型になってる

クビアトくんサスペ破損 

結局 ペレスくんのタイヤに寿命がくるまで 真後ろ走行。そして 一気に抜かれてくペレスくん。

映る気配のないカムイたち 元気に走ってるみたい

ザウバーが調子悪すぎ

燃料セーブ ルイス=それ以上使ってるニコも同じ

今思うと どうしてフェリペが4番目なのかわからん

ニコ ファステスト ってことは ピットも近いのかもしれない

ニコ ミスがあって ボタスくんにつつかれる

サーキットビジョンの数 ハンパない。 

セブ リタイア 温存する目的で

べるぬくんもリタイア トロロッソ2台消滅

ルイスピット これとて問題なさそうだったけれど 要した時間4.0

ニコ ピット 3.0
この1.0の差は ニコにとってプレゼント

ルイス アンダーカット成立

フェリペピット

アロたん 速い。誰とバトルしてるのかは知らないけど とにかく速い。

キミちゃん ちょっと目立たない展開

フェリペはペレスくんに捕まる羽目に

じわじわ ルイスがニコに近付きつつあるころ マネジメント要請受ける

ニコは息をしてるようなラップを刻む

このままだったら そのままゴールできる だけど そうはならないだろう

メルセデスと ウィリアムズ もしかしたらチームメイトバトルが先かも

ところが フェリペはペースの速いアロにつつかれ ペースUPならない

目立たないがペレスくんの真後ろはひゅるくんなう

じぇんすピット  キミとのバトル中

ニコに襲いかかるルイス 無線バトルも炸裂

あと1周で どちらが笑う???

メルセデス仲良く 最後にミスし合い チェッカー


ニコは御機嫌なり

クルマを降りたルイスも大人化 予選でいろいろありましたから ニコに祝福。
ルイスもね 2位ってすごいわけです。
ニコを抜けば ニコに対し 9位スタートにして負けるのかという最大級の心のダメージを与えられたわけですが。

マーク兄さんいんたぶあ このテのニコにマイクを渡したらおしまい。
バーレーンのときのように ひとりで締めくくってしまう。

とりあえず 次のシルバーストーンまでは ポイントリーダーでいられることが確定

こうして ニコは楽しい誕生日を送れることとなった。

お祝いお祝い
スポンサーサイト

F1 Canada GP 2014

2014–06–09 (Mon) 22:08
ニコ向きじゃないサーキットでございます。

ルイスがポールをとる予定が 歯車が狂って ニコに巡ってきました! 

モントリオール いい天気です

ニコはレコノサンス時のスタート練習に余念がありません。
グリッドについても 余裕こそなさそう。。
解説陣も 余計なことばかり言ってる もちろんニコの耳には入らないけど
①ポールからの優勝が少ない
②サングラスはナーバスになってる証
③初優勝が起こりやすい。=ニコもルイスもセブも対象外

それにしても ルイスはなんで人気なのだろう。

フォーメーションラップ 左右にクルマ振って そのまま 壁に行かないでよ

グティは ピットレーンでスタート待ち 

レーススタート

ニコのスタートあんまりだったな
ルイスの外に追い出しちゃった。。。ごめん ルイス

後方では マルシア2台が衝突
ジュールとチルトンくんが絡んだ事故 二人とも無事でよかった。
すごいパーツが飛んで SC中 もっと拾うよう最速するセブ

ケータハムとザウバーに 明るい兆し

ニコとルイスの真ん中にセブ 負けられない理由がある3人だ

SCってことはね 燃費には朗報

SCで7周消化 ニコにとってはいいかもしれない。このコースで70周 ルイスと対決するのはキツイ

ルイスが早くセブを抜きたがっている。でも そんなにリスク負わなくてもいいやん
スタート見ても ニコの方が 動き固いやん 大丈夫だと思うよ

ペレスくんがハッスル

けっこう使ってると思うんだけど 今のところ燃費問題なし=ニコ

10周目 セブ抜くルイス

いよいよ バチバチするチームメイトバトル
ルイスの方がやはり状態のいいメルセデス
しかも2秒後方だと 燃料セーブにちょうどよい

ケータハム 1台死す

リカちゃんピット一番乗り

ニコの真後ろに来たルイス

ウイリアムズのピット作業2.6!=ボタスくん
あれ!フェリペんとき 7.0!!え””””””””

18周目 ニコピット きゅるきゅる言いながら出て行きました。
さっそく 壁にあいさつしそうになりました。

次の周 ルイスがピット
ニコとの順位入れ替えを望むモントリオールの雰囲気

解説陣 ルイスの走りに激褒め

クビアトくんが キミちゃんとやり合い ショートカット

マルの脇腹負傷

ルイスがもうDRS内に入りました
すぐさま抜かないのは DRS利用して 燃料節約

ニコが さっきのクビアトくんみたいにショートカット=こちらは審議入り

ルイスへの熱い応援に刺激されてか ニコは大慌て
順位譲った方がよかったのかも

痛々しいニコの姿に 呆然と見てるトトさん

ニコの審議結果 今回はOK 次またやったらEND
ニコに甘いんじゃないかというクレーム多数GET

カムイが消えた 最大のチャンスをまたも逃すケータハム ザウバさんに良き知らせ

ニコの燃料がやっぱりきつくなってきました。
何年か前までは チーム御注文によくつかわれた文句 
ルイスはDRSがおいしいのか 抜かない

ルイスのニコへのギャップが パワーを貯める目的だとしても 離れ過ぎてる

3~5番目も熱いバトル中

メルセデス2台ともにパワーダウン

沸き立つライバル
まだ30周もあるよ
フェリペに追い風

キミ スピン 存在を忘れさせない男だな

トレンドタイムより 2秒落ちのメルセデスたち
それでも速く走るように言われてるニコ

ニコ ながーいピットで フェリペに抜かれる
記念すべき瞬間 みんなが待ちわびてた瞬間

続いてルイスがピット ニコの前に出る 記念すべき瞬間 沸き立つ観客
フェリペがトップなのは なんだが ルイスファンは大満足な瞬間

が ルイスのクルマに異変 シケインカットしながら ピットに帰還
ニコのクルマも時間の問題か?

フェリペがピット

ニコが先頭になっちゃった

2番目を走るペレスくんが 4秒以上速い 
ペレス君は 去年の鈴鹿や2012くらいのメルボルンではちょっかい出したけど ニコには基本優しいドライバーである
何度も言うが ペレスくんのニコの見る目は違う!

あと20周 この調子だと入賞するのも厳しい
ダメージがひどくなる前に 早退するのもアリだと思う

平凡になったメルセデス 今を支えてるのは 序盤の貯金

ニコも頑張ってる ルイスが後ろより楽なのかな?

ニコに対し こっそりDRSしないペレスくん 援護活動

久しぶりにアロたん

よくこんだけDNFがいると 生き残ったら入賞と言ってるが 先頭のニコですら 入賞するのも大変

ロマンどーしましたか?

リカちゃん2位浮上

フェリペとセブのやり合いも激しい

リカちゃんはや~い
もうニコに追いついた あと5周もある

ふさしぶりに周回遅れが登場

リカちゃんを追うように指示出るペレスくん どうにもならん

グティEND

1周でリカちゃんDRS圏内入りました

リカちゃんが ニコを軽々とオーバーテイク! モントリオール 大フィーバー
あとは最終ラップのリタイア望むってとこかな?

最終ラップで ペレスくんとフェリペが絡む大事故
幸い二人とも無事だったんだよ(^_-)

これで SC=リカちゃんのウィニングラップ

それでも期待もしてなかった完走 ポイントゲットもなしたニコ
ホントによくがんばったね!トラブルのなかった序盤の走りより トラブル抱えてからの方がカッコよかったよ!
こうやって ニコは少しずつ評価を上げていけばいい。

もちろん
メルセデスが ウィリアムズ(ほかのライバル)にラップリーダーを抜かれたシーンや レッドブルに優勝を持って行かれたシーンは この先何度も見せられることにはなるけれど。
ルイスはこういうことには 上手くかわすよね?(^_^;)

表彰台のリカちゃんの笑顔が眩しい
ニコファンからすると 初優勝がこんなに早く回ってくるの羨ましい。

いやぁ ホントに疲れたね
序盤はルイスとの戦いで
中盤からニコの真後ろより 10位 11位のギャップを追い

失うものを最小限にしたことは この先助けになるのは間違いない。
でも トラブルの起きないように チームも対応しなきゃいけない。
メルセデスがトラブルで2台失いかねなかったんだから。



F1 MONACO GP 2014

2014–05–26 (Mon) 01:34
はやいもので2014シーズンも もうモナコです。

予選のゴタゴタで睡眠不足で迎えた決勝


現地は変な天気を予定しているそうで いろいろありそうなモナコ。

竹さんも ヤンさんも 居てはりました。

 
フォーメーションラップで マルが動かない

レース スタート
 
思いのほか 美しいスタートをしたニコ

このまま・・・とはいかず ヘアピン手前で カムイグリーンたちがぐちゃぐちゃしてる
ペレスくんです! 彼はオープニングラップで決めたようです!
SCオーダー。 せっかく気持ちのよいスタートだったのにぃ

さっさと履き換えるスー やっぱり彼は何かたくらんでるっ。たのしみぃ。

キミちゃんがジャンプアップ 昨日あれこれ愚痴こぼしてたのに 1周目でときめいている。

セブがスロー走行。
ニコの運気が改善方向に向かっているのに この子はまだ改善がみられない。
セブなら そのうちパワーアップしてくるだろうから 我慢だね。

ニコは逃げる展開で。
これは覚悟してきたことだけど。

昨年のモナコって 後ろの動きを封じる作戦で 発散できないもので
今年は オープニングから激しくけん制しあってるのが なんとも幸せである。
こんなレースをさせてもらえるだなんて 何年か前まで想像もしてなかったな。。

13周こえたとこ 
ニコとルイスの差1.5
ルイスはタイヤの面倒にちょうどいい位置です。

スーが 昨年とは違うクルマで 昨年と同じヘアピンステージで 腕前を披露

ニコ 18周目 激しくロック  その前後の周 調子が悪い 
←ルイス ニコ遅くなってるよ

ルイス 今 ピット入ったらいいのに アロの手前入れますぜ
それか ズラすかだね。

スーのパーツ発見
スーの2008年思い出の場所で クルマ壊しておられる。あのヘルメットはね たしかチャリティ系です。(グティも)

スーのおもてなし SC登場

ニコたち ピットに雪崩れ込む
こうやって みんなが入って ぐちゃぐちゃになってるときこそが 危険。
べるぬVSケビン のちのちペナるべるぬ

SC中 文句を言い続けるルイス ボニさんによる講義中

キミちゃん予定外ピットで にんまりしてそうなアロファン

ニコたち長い戦いだぁ!まだ 半分越えてない。

後続が熱く審議を申し出てるので どのように消化されたのか さっぱりわからない。

ニコとルイスのガチガチ対決の予定でしたが
かなり 後ろの面々のバトルが激しい。
タイヤの種類であったり ウォームアップの加減で スピード差が急に変化しているみたい。
けっこう際どいことしてるんで またSCありそうだな。

べるぬくん アンセーフリリース これはね ものすごく損なペナルティ。
これでもかって いろいろ付けられる。

キミちゃんが ケータハムとマルシャとのバトルに飛び入り参加

もはや ニコたちのことは忘れてるのか?
画面切り替え ニコたち そのまんま あいかわらず くっつき倒してます。

やっと 半分消化しました。

フェリペが タイヤ交換を遅らして粘りの走り。

→ニコ 燃費がキツイよ

え~ 燃料問題ない場所って聞いてたから 使いすぎてるけどいいかなって思ってた(-.-)

べるぬくん。。。(-"-) 今年の完走率わるいな~ しかもペナルティももらうだけ貰ってさ ツイテない

おい カムイさんよ 生き残れば入賞も過言じゃないぜ!

ジュールが11位を走行しているのだけど 彼にはペナルティが課せられているのだという。

また キミが変な集団に加入!

ボタスくんの様子がおかしい!ヘアピンでストップ。SCかと沸き立つ一行 上空に避難させる がっくり

グティが スピンターン! タイヤ持ってお帰りを待ってるピット無念。
ここでもSCかと沸き立つ一行 ハンドキャリーにて終わる。

ニコとルイスに差がついたところだったけど グティの一件で ニコとルイスの車間距離はコンマ6

リカちゃんのクルマって不思議
タイム出せるまで相当時間かかったのに どんどん速くなってきて 今や最速
怖い存在だなぁ ここでセブも生き残ってたら あ~恐ろしい(>_<)

枕に追われるひゅる

ルイスが急降下 目に何か入ったらしい!
片目閉じて 運転してるんだな~ 
ルイスのキモチになってみたい人は 片目にわざび入れてみな。

← ルイス ねぇ ギャップは?
→ぼにぃ リカちゃんがね・・
←ルイス そんなこと聞いてない ニコとは?
めっちゃ速いんですけどリカちゃん ニコとアナタより リカちゃんは1.5も速い

のこり5周
リカちゃんとの距離が危険なルイスの真ん前で バトル中のKY枕一式 (ジェンスが制す)

キミとケビンがヘアピンデジャブ とりあえず ケビンちゃんから動いた方がいいかな

また キミちゃん タイヤ換えて かき回すことになる。 最速だけはいただいたぞ!
順位からするとより安定なアロたんより その慌ただしさからキミちゃんの方が圧倒的に存在感がある。

リカちゃんカメラから見ると ルイスは抜けなく見えて
ルイスのカメラから リカちゃん見ると 抜かれそうに見える

忙しいファイナルラップ。
いいよ リカちゃんとルイスが主役だ。

ニコには ウイニングランがある!

終わってみれば ルイスの目より ニコの方が充血しているという。。。

観客も なんだか大人しかったね。いろいろあって くたくたってヤツ?

で ジャスティン ビーバーが出てくるって言ったたんじゃなかったっけ?ファンじゃないからいいんだけどね。
インタビュアの方 こないだもいらしてた人ですよね?セパンで。

ジュールの最終結果がよくわからないけど 快挙には違いない!
おめでとう!

F1 SPAIN GP 2014

2014–05–13 (Tue) 01:03
抜きにく~いらしいサーキット。80% ポールが勝つと言われている。
そして 今日は母親参観日。それらしい面々多々。

ニコはというと フロントロー。。
いやいや すばらしい頑張りでたまたまここに落ち着いたのです。

レコノサンスも問題なさそうで フォーメーションラップもOK

解説陣は メルボルンでの勝者はルイスとカウントしており ここでルイスが勝利をおさめることにより チャンピオンシップも正しい序列になるようです。

 
レーススタート 
猛烈スローに見えるのはナゼ?

ニコに襲いかかるボタスくん。この頃オープニングのコンビであります。ここは早めにコンビ解消願う。

ニコポジ確保 予定通り逃げるルイス オープニングで1.2って ちょっと悲しい。
まぁ 車間距離は2秒ちょいある方がタイヤにやさしいわけですが。

スタートが好評のウィリアムズは ボタスくんが成功に至ってます。

マルが後方で本領発揮中。マーカスくんがぁぁぁぁ  そして 審議に至る。

ケビンがくちゃくちゃにされてる。父ハラハラしてるんだろーなー ケビンの目に触れないどこかで。

7周目 ボタスくんVSリカちゃん開始

たくさんDRSゾーンにいて 順位が定まってない(>_<)
(゜-゜)と言いますか 順位変動は主役はグティだね。どうした?なんでそんなにズリズリしてるの?

10周をこえたころ ルイスとニコの差2秒前後 意外とどうにかなってる

マルにペナルティ。違う種類のポイントも同時に集めてます。


みんなが使いにくいと言ってるハードに 早々履き換えるセブ
どんな感じかチェック

フェリペが定番の長めのピット休み実施

フェラーリ対決 収拾つかないからピットで一息

ニコにアンダーカット実施したいのだけど ルイスが先に呼ばれた!
ルイスのピット3.8 遅いけど タイヤ外れるわけにもいかないので 慎重にね。

その3周後 ニコのピット 未知のハードにトライしてみます。ピット滞在時間2.8 

ニコ カルスポタイヤに仕様変更。使いにくい?

ルイスに5.5秒前になるように指示。
ニコに 差をつめるように指示。ハードにトライしてるニコには とってもハードな御注文。

ロマンがコース上でちょっと危ない走り。アロたんクリーンに抜くも どちらのファンもドキドキだったね。
アロカメラから ロマンの頑張りが感じられてよかったわ。そんなつもりはないんだけど 言うこと聞かないって感じ?

アロたんから後ろって いい感じで間隔あいてる。そのうち バトル開催だね!

レースのこり半分

セブ=ソフト アロ=ハード
ニコの次のタイヤは選べる自由があるので クルマちがうけど 様子うかがう。

セブいい感じだねぇ

アロたんのタイヤもいい感じで

ルイスのピットが近付いてまいりました。余裕あるからウィングいじるようです。
今すぐ入ってくれると周回遅れに捕まってくれるんですが。。。

ルイスはその願いを聞き入れず 1周あとだった あ~
周回遅れに捕まる直前にいれて ウィングいじって4.3 出たところ 結構クリーンじゃん。

ニコピット 3.0 ソフト

ルイス文句言ってます。エンジニアさん めっちゃいい判断してくれたと思うよ~。
ニコはね 周回遅れ2台さらーっと抜けただけさ。

フェリペって なんで そこにいるの?3ピット?

50周付近 ルイスの勝利を心の中で決定している解説陣

気づいたら カムイくんとべるぬくんがいない。

セブ今入るのか! おもしろいことになりそう!

アロたんも入る!

セブ ファステスト セブがイキイキしてるぅ!(^o^)

ルイスが焦ってます。

マルシア 油ふいてないか?

ルイスのエンジニアは大変だ。

おー キミVSアロ

キミちゃん抜くアロ 大喜び  キミちゃん不憫

ニコんとこも 気になる接近戦

映ってなかったけど ターン9あたりで 一回目のアタックしたような気がする。

最終ラップ パワー使っちゃってるよなぁ
ターン10不発

ルイスがチェッカー直前の喜びのうねうね走り中に ニコが最短距離で突っ込めたらなぁ~(^_^;)

セブよかったよ~ 速いねぇ やっぱり。生き返ったな!


ルイスがポイントリーダーに F1ファンが落ち着かなかった序列がスッキリしたって感じ。

ニコ メルセデスのスタッフにお礼も言えないまま表彰式へ。

極端に小さいトロフィを 決して楽なレースでなかったというように わざと重たげに掲げるニコ。

トロフィーを祝杯にするルイス。

インタビュアのエディさんは ニコに最低限の笑顔を。


いろんなコラム読むと 
ニコがまったくアタックしない ルイスならフツーにできることを何もしようとしない
勇気がない とか まぁ いろいろ言われてる 
1周あれば”できた”かどうかはわからない。
たしかにできないレースじゃなかった ルイスとか他のドライバーみたいに勝利にまっしぐらタイプじゃない。
本人は勝利に集中したいけど いろんなものが見えてるんだと思う。
チームに最高の結果を。重役参観だったし メルセデスとしての見せ場は作った。
彼らの前でダメージなく終わることは必須。

一番痛いのは
ニキさんの 今のニコに今のルイスは倒せないという発言かな。
ただし オーダーは出す気はないそうだ。出さなくても良いということかもしれないが。

いいことだってあった。ルイスを焦らせたのは事実。
いくらポイントリーダーになったからとて ニコに精神的に完全に追い込むことには至らなかった。

たったコンマ6秒が 7ポイントの差 とても大きいものだけど 
今後につながる コンマ6秒だったと思う(^O^)/

2014 F1 GP CHAINA

2014–04–21 (Mon) 00:44
もう何だか疲れちゃったよ~

そんな中国グランプリが終わっちゃったです。


お天気が悪いのか ナノゴミが浮遊してるのかわからない空模様

雨降るとニコ的によろしくないので ドライでOKです


クラッチがどーのこーのなニコさんのスタートと1コーナーのブレーキに思いが伝わるか心配


レーススタート

後続にちょっと冷たいルイス 完璧

アロたんは 彼らしく フェリペは今年導入したロケットスタートを決め ついでにアロたんの背中を押してみる

ニコはボタスくんにヒット。ボタスくん走れてるかぁぁ ごめんボタスくん

ニコは8番くらいに転げ落ち ひゅるくんのほうが良さそうな第一周目

ルイスについていけない21台 
まっ 私の予定では ルイスが30秒くらい第一スティントでリードする
そのうちタイヤがもたなくなり リカちゃんが最終的に追いついてくるハズ

フェリペを追う ニコ 後ろに下がれば それなりにいいシーンもある 

ひゅるくん フェリペ追う どっちが速いんだろうね

ボタスくん大丈夫? だいぶ飛ばされたよね?ホントにごめんなさい
無事走ってる けっこうペースも並みに出てる

スー リタイヤ あーん

セブのラップタイムってリアルか? めっちゃトレンドじゃないタイム刻んでない?

TVから存在が消えてる11番~21番目 

フェリペのタイヤ交換に手間取りすぎるウィリアムズ あのロケットスタートは今後封印した方がいいかも・・

ニコのタイムが激落ち 大丈夫か? あ 回復した!

ケビンちゃんの調子はどうだろう? FP2よりはかなり改善している

みんなピットのタイミング早いね

ルイスは御機嫌走行

ニコぴ まぁまぁな出来

ルイス 「まだまだタイヤ行けちゃう ひゃっほーい!」それでいて TVに映った調子に乗ったはみ出してるルイス

ニコ ハッスルラップ リカちゃんを抜いちゃう

ルイスも交換だぁ!

ルイスのタイムよりニコちゃんの方がラップタイムよろしげな ささやかな時間
セブまでまだ6秒くらいあるけど セブより速いニコ ニコのその後ろのリカちゃんがもっと速い

手もとに燃料計を持たないニコ けっこうキツイ

フェリペは19番にいてるじゃん(+_+)

セブに追いついたニコ 
「やぁ ニコ 」「やぁじゃないよ リカちゃんめっちゃ速いよ 逃げなきゃ!」「マジで!」「じゃあ お先」

リカちゃん セブに猛追
チームからのお願い「リカちゃんを前にしてもらえないかな?」セブ「さぁ」

セブにブロックしてもらえると ニコ側にはとても喜ばしい

リカちゃん開放 

ニコはアロたんを追いつつ リカちゃんから逃げます

フェリペがんば!

ところでキミちゃんは元気なのだろうか?

英雄フェルナンドA ピットに駆け込む

ケータハムにクレームなセブ カムイくんの方が その時は速かったみたいだ

ピットに駆け込むセブ 

フェルナンドAがやたらハッスルしてるのが気になるニコファン発生

はげしくはみ出してるニコ リカちゃんに追いつかれている

ファステストなセブだが すぐにタイムが落ちるのが痛い

ジェンスより登場回数の多いケビンちゃん

ルイスが御機嫌にウイニングスティントへ

やっと見えてきたアロたんの背中

リカちゃんが意外と平凡なラップを刻んでいる どうしたのかな?

ニコちゃんが 今になってファステストを刻む なんかいいことあったのかな?

そんなこんなで ルイスが異次元な走りでチェッカー

ニコは20秒遅れ ルイスとしては24秒差がよかっただろうな

三位はアロたん さすがです!

その後幻となるジュールを抜くカムイに今日一番盛り上がるフジTV
誰やねん 一周ショートカットしたヤツ!

気づけば悲惨なマクラーレン なんで周回遅れになってるん?

終始ボタスくんの燃料が空だったのがサプライズ。


レース直後はギクシャク気味なニコだったけど ちゃんとチームメイトに おめでとうが言えました。
いい子いい子 当然のことだけど 今の彼が一番難しいことだと思うので とてもよかったです。
ニコにでっかい方のトロフィをニコに持たせようとしたのは どういう意味なんだかよくわかんないけど ニコスマイルが見れてよかった。
ルイスは相変わらずカッコよく
ニコは インタビューの待ち時間 土ふまずをリフレッシュしたり マイクをクルクルしてたり ニコワールドを展開
アロたんは お腹からラジオのケーブルかなんか出しっぱなしでしたね。たぶん めっちゃお疲れなのでしょう。

今回のレースはペナルティも出なくて 平和と言えば平和だったかな。

ニコはニコでいい経験できたんじゃないかな?
いいクルマに乗りすぎて わがままになっちゃうと困るんで。
それに ご褒美の2位。3年前の上海とちがって 空港でやけ食いせずに済みそうです(^O^)/







F1 BAHRAIN GP 2014 NICO'S 150th GP

2014–04–07 (Mon) 20:26
F1が900戦目 ニコが150戦目 ジェンスが250戦目

バーレーン記念特別ナイトレースバージョン 結局来年もそうみたい

つま先負傷中のニコが想定外のポールスタート(150戦目にすこしはいい思い出を)

テストで走りまくったから そんなにプラクティスしなくていいウィリアムズ テストって夜してましたっけ?心配


ほどよく暗くなったところで 決勝スタート

ニコ バトルしながらも やっぱりルイスに抜かれてる 奇数列たち全体的にイマイチちゃう?

真後ろがボタスくんやと思っていたら フェリペやった!ボタスくんが遅れてるのもびっくりやし フェリペに変わってたのがもっとサプライズだ。 

べるぬくん。。。

キミちゃんとアロも入れ替わってる!

ファステストで逃げるルイス ニコはこのままズルズルしていくのか?

トニーさん ルイスとの比較「燃料ハッピー」 「プラン変更できるかも」

8周目 ニコはDRSも使えないくらい遅れちゃってる

スー ピット 小刻みにレースするタイプじゃな

11周目 ボタスくんピット やっぱり夜練習しなきゃぁ

今んところ いい感じで チーム外バトル中の健全なレース中

ペレスくん フェリペ抜き たたたたたタイヤ!!

アロさんのピット作業はマイペース 

イエロー! スーとジュールの攻防 どっちもどっちだな カムイに朗報

赤牛ばとる発生

16周ごろ ニコがルイスに猛追

チームがそろってきた!フォースインディアとか

18周目 ニコが獲物を追いかけてます!
抜きつ抜かれつ 危うくニコのカッターにルイスやられるとこだったよ。
まだブラック・ニコは発生してない模様。

ルイス ピット ソフトタイヤ

トニーさん「あと2周走り続けろ」

22周目 ニコにハードタイヤ履かせるメルセデス。調子のいいクルマがハード今履いてないからわからないけど ハードじゃない気がするぅ

誰だイエロー!

トニーさん「プライムでロングランだ!」
私は反対だぁ!長く走ったら その分 前と離れるじゃん!

揃ってる インドとウィリアムズ

川井ちゃん 「ひゅるけん」だって

リフト&コースって何?

フェリペ ひゅる ペレス

フェリペ ペレス ひゅる(ひゅる→ペレス 苦情発生)

28周ごろ ニコとルイスの距離 7秒越えた 

カムイも走ってるのに すっかり忘れてる解説陣

キミVSリカ ウィリVSインド キミんとこのバトルは 健全ですな

トニーさん「ソフトとハードのタイム差は予想より少ない」
だからって安心してられないじゃん。次 ルイスがハード履くんだよ!もっと条件よくなっちゃうじゃん!

危うくサンドされるとこだったボタスくん びっくりしたな

キミちゃん。。。 

セブ。。。。

アロたん。。。

マーカス オイルもれ

37周ごろ ニコ ルイスに対し10秒近い遅れ

このイエローはなんだ!

キミとリカ またやるか!

ウィリアムズやりあってる

セブとマルのん 怖い

アロたん ノリノリひゅるに抜かれる

トニーさん何してるんだ タイヤ交換したりなよ!もしかして ルイスがハッピーになるまで待たされてる?

おぉぉぉぉぉぉ グティ大丈夫??? 自力で脱出 ホッとした。宙に舞ってる マーク兄さんのとはちょっと違う。ひねり入ってたな ニコもニアミスだった。

SCだよ。

メルセデスWピット

ケビン早退 あぁ

ニコが基本的に有利かもしれないけど 相手が同じチームのだとすると 我慢させられるかもな。

パディさん 控えめなお願い。たぶん ルイスから返答なしな感じだったので 願いをかなえてくれそうなニコにもお願い。

SC解除
メルセデス ニコはじかれてるよ~ うしろが優しいニコだから大丈夫って甘えないでねルイス 何でもここはバーレーンさ

インド同志あぶないな~

ルイス パワーないわけないがな!ファステストだわいな!まだパープルだわい!

隊列をチームごとにそろえよう!

SCのおかげで 燃料気にせずやりあってるそれぞれのチーム

調子にのったら チームごとリタイアもありだな

ジェンス 250THだから 早めに帰るよ

やりあうニコたち

昨年までの荒々しいニコちゃんじゃなく 2台ともきっちり返却 スポーツマンとして1従業員としての責任感を感じます(゜-゜)大人だ。
最終ラップまで 正しいバトルを披露したメルセデス。

よそのチームも素晴らしいバトルだった。


とにかく嬉しい3位ペレスくん かれこそが真のルンルンである。

ニコが「ルイスの後ろにフィニッシュするのだけは許せないんだ」と言ったのが印象的。

失った7点は大きいけれど でも2位でも大満足な内容だった(^O^)/ 
DSC_0602.jpg







バーレーンGP 予選前 

2014–04–05 (Sat) 22:57
予定通りニコが走っちゃてるので ブラック・ニコ対策として 今 思いついた!

ライバルのみなさんの安全を考慮した上で

ライバルのみなさんは クリーム色の部分を走行してください。

反対側のクリーム色に車線変更する際は ニコに注意した上でコースを横断してください。

また クリーム色の部分につっこんでくる可能性が高いのでご注意ください。(^_-)


いまさらF1 SINGAPORE 2013 DAY4 SUN② Mon①

2014–04–02 (Wed) 01:35
あまりにも時間かかってるんで 本気で終わらす!

ちょっとだけ決勝後の写真入れておく↓

DSC01503.jpg
DSC01505.jpg
DSC01519.jpg
DSC_0096.jpg

リアーナさんのライブ(彼女史上 最高に手抜きステージと評判)をチラ見 

ライブ終了後は 酔っ払いのたまり場 = 友人との待ち合わせポイント
日本GPと違い 酔っ払いが多すぎる。居場所がないので その間タダタトゥー入れてもらう。

なんとか友人と合流も 若い韓国人の酔っ払い集団に捕まる。泥酔に近いが けっこう日本語達者。日韓の仲が冷え込むご時世にコリアンギャル「ダイスキ ダイスキ♥ 今から一緒」 コリアン男子「この子ダメ ダメ」
そういう会話が繰り広げられている。
だいたい 友人が韓国人に人気すぎる。もたもたしてられないこともあり 友人が上手く振り切れないので 強引に今から行くとこあるからごめんと言って逃げる。

日付変更線 日曜→月曜



私が金曜から毎日通ってる場所へ

あんまり早く行くのもリスクが高い。それに 決勝の結果で機嫌の差があるはず。だけど ちゃんと決勝見れてないワタクシ・・・リカちゃんが確実にNGで ロマンもマーク兄さんにニコもダメかなぁ

マーク兄さん来た!いつも一人で来る。
袋に入ったチームウェアみたいなの持ってる。結構 ダメもとでアッタク 友人も撮ってもらった。金曜よりいい感じ。

セブのイケメンフィジオ単独 私服姿 その辺のセレブにモテモテ。

ボタスくん来た。単独→孤独 タクシー乗ってどっか行った。

突然目の前に背を向けたニコ登場。すでにおしゃれ完了 はやっ!
黒いシャツに 黒系のジーンズ グレーのジャケット腰に巻いて 長くはないけど めっちゃ脚細い!
表彰台を逃したばかりだというのに とにかく ”たのしいこと”に包まれてる彼。
ニコに写真撮って~って頼むと 今ねとにかく楽しくて忙しいんだけどいいよ♪みたいなオーラで 撮ってもらう。
友人も撮りたいというので 同じように。友人のんは私が撮ったんだけど ニコの顔がめっちゃかわいくて悔しいんで もう一度 ニコに撮り直したいと言ったら ご機嫌で撮り直してくれました。
その頃には ニコのフィジオ ダニエルさんが迎えにきてた。

もう一生こんな近くで会えないかもしれないなと思いながら しばらく楽しそうなニコを見つめて。。。
随分と年上の人のところに行ったり セレブさんとこ行ったりしながら パーティーへ消えて行った。

まだメルセデス仕様のルイスがやってきました。
取り巻きつきですが なんとか”往路”は捕獲成功。
昨日 見たときより 大きく感じるし 顔ピカピカだ!だいぶ前 ニコ ルンルンでパーティー行っちゃったよ。

ホーナーさんとニューウェーさんは ずっと向こうで会談中。 そのちょっと離れてマーク兄さんが ファンサービス中。

マルドナドくんが バレエのダンサーみたいな格好できました。
奇跡的に名前呼べたのに 撮れた写真はピンボケ(-"-)

やむなくリタイヤを強いられたロマンが ポツンといてたので捕獲。

ルイスが ニューヨーカーみたいになって戻ってきたけど さすがにSPに阻まれる。

場所変えて 暗闇散策 やたらチームスタッフなフェラーリいるけど よくわからんな。

アンバーラウンジ前 しばし張込み。この中には確実にターゲットはいるんだけどなぁ~
そーいえばホテルの部屋に置いててくれた雑誌に パーティー参加できますよ(有料)って書いてたなぁ。はぁ。

帰り道 センサーに引っかかったフツーの兄ちゃん
シャルルであります。ほんとうにフツーの兄ちゃん オーラないから見つけたのは奇跡に近い。捕獲。

これで部屋に戻ると朝5時くらいというのに 戻ってないルームメイト。
私より早い午前便の出発なのにさぁ

朝6時 戻ってきたルームメイト
あんまり決勝の記憶がないらしい。張込みも不発だったようで その後ぐっすり寝てた。。

朝9時 起こした方がいいのか悩んでたら 奇跡的に目覚めた彼女
    当初予定してたプランでは新潟に帰れないことが発覚。
    東京で一泊して 火曜日遅刻して会社に行くそうだ。
朝10時 これとてお話もできなかったけど お別れ 空港でニコ見たらよろしく クアラルンプール行きね!
     先にチェックアウトされるスリリングな展開 
朝11時 自分のチェックアウト時間 フライトは23時以降なんだけど。。。

ほんとならお昼の便で帰国すればよかったんだけど 21時関空着だと 万が一遅れた場合 日本は祝日で電車も少ない。それにお昼の便より深夜便が安かったので 月曜無料観光つけてみた。
あー でも月曜いらん!シンガポール退屈~ モタスポなしにはいてられな~い。なんか みんなお買いものしてる。退屈で退屈で仕方ない。買い物って 日本の方が安いじゃん! 受託荷物重量オーバーしちゃうぜ~
それに この人たち 真剣にGP見に来てない!セレブの一環なのかも。
マーライオン公園がよきせぬ閉鎖とかで 謝るツアー会社。いや だいたい 滞在中行くでしょ!行ってるハズでしょ!かわりに マーライオンがいてシンガポールが一望できるとこへ。ここ随分昔に行ったことあって 昔と違って木が生い茂って景色がない。ワロタ。あとは べたなチャイナタウンとか リトルインディアとかオーチャードとか。
あー 月曜いらん。。。はよ 帰って鈴鹿の準備したい(>_<)

やっと空港へ。
係員さんが マーク兄さんと仲良しって言うから 話はずむ。もっと滞在期間長くしてくれたら 会わせてあげれるとのこと。う~んでもWEC行っちゃったからなぁ(^_^;)

空港では まだフェラーリのスタッフがうろちょろ。

カジノ不発だった友人が早めに空港に来たので 空港のTVで決勝のダイジェスト見る。
後ろ姿だけど しっかり映ってる自分X2(^_^;) 一緒にTV見てた人にも笑われる。

空港に着いてからの方が楽しくて すぐにフライトの時間が来ちゃった。



戦利品
DSC_0003.jpg
ニコトートの裏 ちなみにニコさんのサインはない(-"-)

DSC_0128.jpg
ひゅるくんがくれたペットボトル と ニコにサインもらったミニカー


UAEは大好きなんだけど シンガポールは好きじゃない私。
ナイトレースとか 安く行ける ドライバーに遭遇しやすいから選んだだけ

ニコに会えて本当に行ってよかったな~ 足挟まれちゃってたけど(^_^;)

また行きたい? どうかな でも もっと安く行ける気がするから 行くかもだね!
          

セパン2014 Malaysian F1 GP

2014–03–31 (Mon) 00:53
あつーい セパン

ニコのブレーキシステムがどうにもこうにも心配な週末

ドライバーズパレードは 今年からオープンデッキバスに変更
いいのか悪いのかはTV観戦者には不明だが 写真でみた感じ ドライバーたちは旅行気分という感じ

暑さにうなだれる イケメンひゅる  サプライズ トトビューカメラ

さぁレースを始めよう

ペレスくんがピットレーン選択→クルマ隠す→身を隠すように欠勤

スタート 

ルイスさすがのスタート べるぬくん(>_<)

ニコ強引に2番手に食い込むも リアは落ち着かないし 後続に追われまくる

あっとゆーまにルイスとは別カテゴリーへ

ジュール&マル 審議へ

ケビンカッター for キミ 審議仕立て

キミちゃんめっちゃ後方に退くことに

ニコのペースがビックリするくらい悪い ねぇ 雨まだ降ってないんだけどさ

リカちゃんが 先輩に順位譲る

トニーさん「ニコ もうちょっと速く走っていただけないかな?」

ウィリアムズによりますチーム無線バトル

マル 早退

ケビンピット 遅めのノーズ交換

ケビンに5秒

ルイスが好調 
ニコはどうやっても速く走れそうにない
Or ニコは賢いから もしかして チームが抜かさせてくれない相手とはレースをしないのかもしれない

リカ&アロの華麗なバトル
上から見るとミニカーだわい

ニコの直近の敵 セブピット
ニコも反応 しかし 出てきた1周の差 ニコよりマイナス2秒 どうにもならんて・・・

次のルイスのピット めちゃ早!

トトさんイケメン♥ 

キミどこ? 16位? カムイらへん

ひゅるはや~い

ボタスエキスプレス不発

DRS使っても そんなに抜けないのかなぁ

ケータハムVSフェラーリ 新風

ニコとレッドブルの二人 ちょっと燃料厳しくない?

ピットレーン出口の大型ビジョン 誰のためにあるの?

べるぬくん(-"-)

ルイスのスピードは”最速” であるが ニコのスピードはチームからの”催促”である

クヴィアトくんが 地味にハッスルしてる。

ルイスにチームからエンジンを守りに入るよう申し出「ニコのもそうさせるから」ってことはだね ニコがアナタをぬくことはしないから安心しろていうことだよね?
どうでもいいけど 「ニコがにこが」っていつも言ってません?
まぁねぇ ルイスの担当 元ニコ担当だから 癖わかってるしな~
詳しくいうと ジョックさんは メルセデス時より 元ニコ→元シュー→現ルイス
だから2011年 スペインGPからニコ→シューになって シューさんが勝ちだしたとさ

ヴィヴィアンビュー 地味美人

ひゅる はやーい

5秒ペナルティーって あーゆーことか!

セブ アンダーカット狙い

アロ フェリペ ピット

ひゅるは2ストか??? 無理でしょ

ファステスト ケビン

雨がくるかも こないかも

カムイがバックストレートで 緩めて ロマンに対抗 ホームストレートでDRS使って 元ポジへ
※ この技 2011 ニコがポールにやって ズルイやり方とどっかの解説者に言われた

今年のセパンは バナー貼り放題 ( ..)φ

ニコ 箱入り

おお そらが重たそうだよ

セブ速いんだけど 大丈夫?

ニコちかだ!

かわいらしい後ろ姿を セブカメラから眺める 絶景だ!

おおおおおお スーがストップ
SC呼んじゃダメだ!
ニコの敵が増えちゃう

すっかりその存在を忘れていた キミから 「雨きた」

その雨は軽いらしい

グティ煙

リカちゃん 追い回す アロ

ニコちゃんいい感じ ポテ隠しの術

リカちゃんタイヤぁぁぁぁぁ
お持ち帰りするスタッフ必死
危険なリリースつーヤツなんだって 10秒延長
怖いなー今年 ニコはあんなことにならんよーに ピットはスピードより慎重がいいかもな。

り り リカちゃん 翼折れてる

トタル落下

ルイスがファステスト出す 意味があるのだろうか?

そらが重たいよ!

ルイスほめほめ だけど ニコなにか隠してそう 

セブピット

不気味なひゅる アロがちょっかいかけてます

箱入り息子 ニコが呼ばれたよぉ ちゃんとタイヤつけてね!

ルイス ルンルンピット

キミちゃん久々の登場 ロマンを追いかけてます

リカちゃん早退 もうちょっとだったのに

出たー ここ名物 ご注文BYウィリアムズ

注文を無視する自由が ここセパンではある BY ふぇりぺ

ひゅるVSアロ

フェリペに守られるジェンス そんな仲だったんだぁ

リアウィングがバイブるウィリアムズ

スピードはそこそこにのルイス 大して緩めない

ニコ 最終ラップ光る1分48秒台 いじけの術 17秒の開きが出た

前のレースのニコより こっちのルイスの方が素晴らしかったのは言うまでもないけれど。
痛手は最小限に抑えたのは大きい!ポイントはもらえる時にもらっておかなきゃ!

祝福されまくるルイス 

頭がかゆいルイス

真っ赤なニコ

トトさん♥

あのトロフィもろたニコ インドのんと似てたね

今年のセパン ポディウムラッシュしてるやん 来年いこかな~
スタンドから直接入れるんだね( ..)φ

俳優さんがインタビューにやってきた
ルイスと仲良し
真後ろで ニコ パフォーマンス披露

とってもかわいいニコ声 これで 今宵は気持ちよく眠れる






MELBOURNE GP 2014

2014–03–17 (Mon) 23:38
2014初レース

カンタス航空 ざぶぁぁぁーって迫力大 今年のバーレーンは夜間撮影になるけどするのかな?

ロマンさっそくペナルティ倍返しやってます!

マルシアもストップ倍返しだ!


どきどき


ニコちゃーん 

ルイスのスタート失敗 ニコ3→トップへ ルイスのペースメーカーになっちゃうけどいいのかな?

カムイがフェリペにアッタク ドライバーは無事だけど右京さん大丈夫かな

飛ばすニコ いいのかな?燃料大丈夫かな?

ルイス遅れる セブだっておかしい。

ボタスヴィジョン炸裂

リカちゃんのがんばりで お客さまたくさんいるよ

ケビンめっちゃ速いじゃん 何それ 

ルイスにリタイアへのお誘い ←ニコと同じクルマだし ただ事じゃない

ルイスにそのままをおすすめ ←やがて落ち着くのかな?

ボタスエクスプレスさらに加速 フェリペいたらもっとウィリアムズの力がわかったのにな

ルイスとセブ はやめの切り上げ 
セブに対してだろうか? 観客のざわめき ←リカちゃんと同じクルマなんだよ わかってる?その意味

いまだにドライバーラインアップ混乱してるため ペレスくんとニコひゅるくんが フォースインディアとザウバーを掛け持ちしてることになっている。

ニコへトニーさんからのお願い「もうちょっとペース上げてくれると嬉しいな♪」大丈夫かい???

ボタスエクスプレス 車輪紛失

その車輪 ひろいに行きたいのでSCよんでく

棚ぼたんジェンス ラッキーなオトコ

ニコにはハッピーとは言えないけど 予定してたことでもある

ニコ・リカ・ケビン その他大勢ピットへ

空の具合が気になる

ボタスエキスプレス 自分でSC呼んでおきながら 自分にそこそこ有意義に使っている

ひゅるくんが ちょっぴりしんどいか?

フェラーリ二人 よく映されているが 目立ってる感もない
DRSあるハズだよね。今年は抜きにくいのかも。

ウィリアムズが一台になったとしても楽しそうに過ごしている
そりゃそうだよね もうターゲット・キミだもん

マル 31周完走

ジェンスピットイン ノーズカット きれいなカットっぷり これでルックスが改善するというわけではない

ひゅるもピット ペレスくんそーいえばおとなしいね

キミ コースオフで ボタスエキスプレスチーム喜ぶ

アロピット ひゅる抜けたか?

走ってる時のフォースインディア 黒色は悪いのか美しくない

リカ・キミ ピット

フェラーリのピット 速い! 2.2!!! ニコんとこ4.XX(-"-)

ケビンも入ったどぉ

ニコ ピット
車輪破損気味ーーーー

今年のルーキーさんたちは とても先輩にやさしいレースをするね

ロマン45周完走
ブーリエさん ロータスを去る前に意地悪してないでしょうねぇ(^_-)

そう言えば 流れるテロップがない

ボタスヴィジョン炸裂 よくサスペ動いてますよん べるぬくん(-"-)

ニコのエンジニアとケビンのエンジニアの声の違いがわからない。

ケビン リカちゃんの元に到着

ジェンス ケビンの元にまもなく到着

ボタスエクスプレス ひゅるの元に到着

ボタスくんが速いとなると あんまりドライバーの体重は関係なさそう

ボタスヴィジョン炸裂 ひゅるくん(-"-)

ジェンスの到着が予定より遅れてるようです。

二番手”トロロッソ  リカルド”だって しかも無訂正


ニコ いろんな仲間の不運にも女神さまにも支えられトップチェッカー 今年最初のサプライズ発生

今だけ二位 リカちゃん 3位 ケビン


ニコもちゃんと戦ったよね 己とだけど。モナコの勝ち方とは違う。


2位のクルマんとこに とめちゃうニコ(-"-) めちゃくちゃ恥ずかしい(>_<)
ニコはおそらく気にも留めていなかっただろう。
さりげなく1位のんと換えてくれたくれた おそらく小太りの男性 お世話かけました

そんなはずいシーンがコレ↓
DSC_0456-1.jpg10003




ケビンの背中 フツーの子だね

リカちゃんはルンルンで階段上って いざ表彰台へ ファンも雪崩れ込んだ!羨ましい!

いつもと同じく パワフルなニコちゃん
髪の毛なびかせ いい感じだった

だけどいざシャンパンのお時間 リカちゃんとニコ 大はしゃぎにて ついていけないケビン発生

ニコは長々とマイクを持ち まことに幸せそうである

今年からはバシバシペナルティ出すって言ってたから このさき2時間(目安)がヤマ。
3時間たって「審議」と言われなければ問題無しのハズ

だから すぐに「ニコがやったよ!」とは言いにくかったな。(^_^;)

だいたい2時間後 リカちゃんに審議発生
その3時間後 結果をはく奪 失格処分 今年最初の一番の恐怖
いつも笑顔を絶やさずいれば ハッピーはおのずとやってくる。そう信じていた。
ちょっと 自分自身も凹んだ(T_T)
リカちゃんが悪いわけじゃないし オーストラリアのみんなが不憫だし もうこうなったら 時差のないマレーシア(たくさんファン来るだろう)でリベンジするしかない。

マクラーレンとウィリアムズが最強っぽいので ニコもペトロナスの地元マレーシアで結果出して行かないとね!

とりあえず 最初にポイントたくさんもらえたのは 精神的にもニコが楽になっただろう。
ルイスがお祝いしてくれなかったみたいだけど それは仕方ないね。
でも もしも逆の立場になったら できたらちゃんとお祝いしてあげてもらいたいな。

とにかく ドライバー全員が無事でよかったよ♪



これから始まるF1

2014–03–13 (Thu) 23:28
ほんとにほんとに2014 F1が始まっちゃうね

メルセデス勢優位って言われてるけど もしかしたら序盤戦はそうかもしれない。ニコたちは上位で争える環境にある間に結果をもたらさなきゃなんない。
ルノーのパワーユニットが目覚めるのも時間の問題。

つい最近まで一番恐れていたのは レッドブル圧勝によるニコの落胆だった。

たしかに初戦からそうなるかもしれないけど 
もしも 前評判通りの事態が待ち受けてるとすれば・・・

もしもルイスとニコに 2013セパンみたいな状況が週末ごとに訪れるとしたら・・・

他のライバルとともにタイトル争いの渦中にいられたとして ニコは自力でチームメイトの前で走ってないとレース途中での追い抜きが許可されにくいようだし タイトル争いだってしたことがない。

でも燃料100kg制限 ニコによるレース序盤の温存型の方がいいかもしれない。だけど今年のルイスもそのように生まれ変わっている可能性もある。

チームのスタッフがどんなにニコを愛してくれてたとしても 不利な状況下にあるような気がする。

いつ誰かがSCを呼びこんでくるかもしれない。上海初優勝のあんな逃げ切りレースも難しい。
2013のモナコはありかもしれない。でも毎年叶うとも思えん。

前を走るすべてのライバルに燃料切れが発生することを祈るか それはニコに対して申し訳ない。



やがて夏が来て どのチームのクルマが魅力か見えてくる。

メルセデスが優位だったとする。

トップチームのドライバーたちも メルセデスのシートに魅力を感じるようになる。

もしルイス優先のタイトル争いだった場合 ニコのシートがあぶないということになる。
いいクルマに乗るのもリスクがあるのではという話。代わりにどこかにシートがあれば良いが・・・それも厳しいだろう。

メルセデスが不振続きだったとしてもニコのシートは危ういものとなる。

F1のシートに絶対はない。
ニコの才能を信じながらも 好きなだけF1にいれるドライバーは少ない。いつシート損失があるかもしれないと思いながら2008年から本気の応援は続いている。


F1に親友って間柄はないそうだ。

この二人がF1卒業後 親友に戻れるかはわからないけれど 幼馴染であるのは一生変わりない。

nico&luwis2014-1
Nico+Rosberg+Australian+F1+Grand+Prix+Previews+QpQGJMDXCxml.jpg

いまさらF1 SINGAPORE 2013 DAY4 SUN①

2014–03–11 (Tue) 00:53
AM7:00~AM9:00 爆睡

友人に連絡するも 応答なし。

AM10:30 ホテル初Wifi会場向かう

Wifi会場 昨日の予選 デカビジョンで放映中 ありがたき幸せ NEXTさんのんじゃないから番組長い!
真後ろにエスカレータがあるのだけど そこを 行ったり来たりしているデイモン ヒルさん。
最初はね 仕事のできるビジネスマンとしか見えなかった。とっても颯爽として 歩くの速くて追いかけられない!
エスカレータの上か下かにいたら捕獲できるだろうけどな。

あんなに あちこちに誰かを待ってるファンが待機してるのに 暑さにやられたか 見逃してるのか 冷静なままで
(^_^;)
私は センサーがバンバン働いて制御不能だったのにさぁぁ 感度のいい日わるい日あるよね~

友人から連絡あり 未だにカジノにいるそうだ。

3時ゲートオープンで 日曜日のチケットはかなり高額になるので 自由席チケットをチョイス。
ということで 金曜の時点で決勝はココと決めた席に走らなければなりません。

2時ゲート付近のショッピングセンターに到着
ゲートに並ばせるのを嫌うシンガポールですので 近くで待機。

写真こそ撮れなかったけど デビクル先生とか そうそうルカ フィリッピさんも目の前通ったよ~ たのし~
BBCとかSkyとかで解説してるんだよね。

3時 応援グッズの入ったトートを持ってたにも関わらず ノーチェックでスルー。お陰で 飲み物持ち込み放題!今日は23:00くらいまで あんまり動き取れないからラッキー

そこからダッシュする外国人たち。もう勝てないや~

何とか目的席に到着 最終コーナー サーキットビジョン前 (チェッカー後 ポディウムダッシュするためです)
一番お気に入りの最上段は取れなかったけど 隅っこ獲得

真後ろにロータスファンの日本人カップル
彼らは オーストラリアから来たという人々にいい意味でからまれている。
彼は 次のGPである鈴鹿にも行くと言っている。しかも F1目的ではなくポルシェカップを観に。
そんな日本人カップルを利用し 席とりしてもらい ちょくちょく気分転換する。

こうやっていると 別に早く来て席を確保しなくてもよかったことに気付く。
真後ろが海辺で 想像より涼しくて快適で 心配した熱中症もなかったからいいけど こんなことしなくて フツーに入りマチなりしてたら有意義だったのかなーって。

寝不足だったので 何度も居眠りし 目が覚める度 誰かが声をかけてくる
「昨日 君をピットスタンドで見たよ」とか
「ニコのどういうとこが好きなのか」とか
「鈴鹿っていいところか」とか

日本人とは そのカップルくらいしかお話しなくて 彼らもやがて人が増えて居場所を侵され始めたせいでいなくなっちゃった。完全アウェーな感じ。多国籍かな うん。

アマチュアカメラマン多数が目の前を包囲。あのー見にくくなるんですけど・・・(-.-)

一人のカメラマンがずっとこっち見てる。なんだかイヤだな。。
しばらくすると 前のカメラマン 初対面同士が仲良くなってる感じ。そして 二人で力合わせて 声かけてきた。
何かクレームでもつけられるのかと思ったら 「どこから来た?」とかそんな感じで。
二人はシンガポール人だそうで わたしが一人でここに来たと言ったら 日本語で「すごい すごーい!」と言ってました。別にすごくはないのですが 「すごい」はそのまま使えるようです。
一人は日本に旅したことがあると言ってました。
私はご存じのように語学に弱いです。そんな人間に対し フレンドリーに行こうという行動なのか 知ってる日本の物体を言い始めました。それでも最初わかんなかったです。”ぼーざかじょー”=大阪城
二人はすごく親切でした。GP2のときに撮った写真を見せてくれたり。

F1ドライバーのパレードが始まりました。
最終コーナーは見れませんでした。ビジョンがあるからわかるんですけど ピットスタンド前からスタートするんですが 最終コーナーは広い上 奥がピットレーン入り口なんですね。入口手前にセレブやTV局の人たちで溢れかえっていて その手前でオープンカーから降りたドライバーは セレブたちの餌食になって消えていくという。
ピットスタンドの最終コーナー側はもっと見れなかったのではなかろうかな。

その後ビールを片手にメルセデス応援隊がやってきました。ニコのエンジニアのトニーさん似のドイツ人一行(8人)です。
これが このあと めちゃくちゃにしてくれるんですよねーーーー

※未だにレースをビデオで見なおしてませんので 現地でこんな感じだったということを このさき書きます。たぶん間違ってると思う。

メルセデス応援隊 ビール大量追加買い。
一緒にニコ応援しよーぜー!ってな勢いである。

フォーメーションラップ開始
応援歌なのか知らないが 大声で合唱 歌い始める。

決勝スタート ニコがなんでか一瞬先頭に出る
「ろーずべ~ぐ!」とび跳ねる一行 底ぬけるぞ!

オープニングラップで戻ってきたニコにシャッターきる
後ろのアロたんも写らなくて 単独な写真が撮れた。。

ニコめちゃくちゃ遅くない? いや そうでもないか。 セブが速すぎるんだ。

セブが通過するたび ニコまでの距離を手ぶりと大声でカウントする偽トニー

アロたんに迫られるも アロたんも大変そう。
ニコ いつもの最初は我慢なレースさせられてるんだろうな。セブは もう 遠く離れちゃった。
 
リカちゃんがトンネル部分で突き刺さる。たしか初年度マーク兄さんごっつんポイントだな。
これでニコの運命が大きく変わる。

SCが登場。いらんのに いらんのに いらんのに!

一気にピットに入るライバルたち
このころになると トニーたちは泥酔化し 私の肩を持って振り回す。。。
ビジョンもよく見えないし 写真も撮れないし 目にも焼き付けれない。

ニコは戦略上入れない このままじゃ マーク兄さんに抜かれてしまう(>_<)

案の定 アロたんも前に行っちゃったよ。

そしてそして ルイスに追われてるニコ発生 しかもフロントウィングなんかトッピングしてね?
「ニコが忙しいから やめろー」と叫ぶ我。もっとやってくれーと聞きとるトニー

いつになったら 疲れてくれるんだろー

ニコがこのままだと やってはならないマルチ109が発生しかねない。

気づけば 背中が痛いと言ってたキミちゃん 前に行ってるやん!

ロマンもマシントラブルかなんかで離脱

ひゅるくんとこも色々あったっぽいけど ニコが忙しい。

相変わらずパワーダウンしないトニーたち

マーク兄さんのクルマがおかしい! マーク兄さんの霧状の油をかぶる 私とトニーたちその他大勢

私はポディウムダッシュの夢を叶えるべく 最終ラップに入る前に移動開始
もう何が起きてるかわからない。
花火が盛大にあがり セブのチェッカーを知る。

ニコは無事チェッカーうけたかな?煌びやかな花火も現地観戦だとこんなもんである。

やがて ゲートオープン ポディウムにニコの姿はないけれど 夢は叶えたかな。

セブへのブーイングの渦中にどっぷり浸かり ブランドルさんのインタビューが始まったところでニコのガレージに行ってみる。第一コーナー側からもゲートがオープンされてたようで そっちからの流れもある が ”ロープ”付きである。
コースを封鎖するロープだね。インタの途中できてよかったよ。もちろんニコに会えるわけでもないし マシンはパルクフェルメにある。

しばらくして マーク兄さんのクルマがピットに戻って来たらしく 人だかり。
私のとこからは見えなかったけど 大きなカメラを抱える人たちは金網ごしに撮影が困難なようで しょぼい吾輩のデジカメに視線集中。前にいたご婦人が「あなたのならいけるわよ」みたいなことを言いだして 何かな?と思ったら ピットレーンの中にいるマーシャルさんが 金網を通過するカメラで撮影してくれるという。そういう利点もあるんだね。

ちょっと場所変えてピットレーン覗いたら そこではブランドルさんが解説中。
そんなとき 彼が金網越しに数人に握手し始めて 最後に吾輩の番が回ってきて なんか声かけてくれた(^O^)/
となりではRTLのタニヤさんか解説中。
奥では ジョニー ハーバードさん。 すごいよね~

どんどんロープが迫ってくるので 最後はニコを無事にチェッカーまで導いてくれたニコカーに感謝すべく目に焼き付けた。

コース上を逆流して まずはニコの運命を悪くしたリカちゃんのポイントチェック。

そして もう始まってるリアーナさんのライブに向かう。

これから さあ どうしよう ファイナルセッションだね! 

つづきは②へ


いまさらF1 SINGAPORE 2013 DAY3 SAT②

2014–01–16 (Thu) 02:17


予選2位で終えて 今から決勝までの間が勝負だと思った日本人ニコファン=我

AM1:50 ホテル出発

目的地に到達する前に 誘惑の張込み地 多数登場 φ(..)メモメモ

そんなとき「ニコが来そうな場所に行かなくて どーする!」と 自分に喝を入れる

途中のWIFIスポットでメール確認 ニコの予選2位おめでとうメール多数(^^♪

夜はショッピングモールも閉まっていて たいがいのエスカレータも止まった状態だったり 真っ暗闇だったりして 昼間との景色は大違い。 
一瞬 目的地までのコースを見失いかけながら AM2:30到着
応援着から普段着に着替えてきたので とりあえず 堂々と警備をくぐり抜け ニコが早く来てくれることを祈る。

ここ すごく 警備きっついから 大変なんだぁ(^_^;)
今日はね 友人ね カジノに行っちゃたんだ。複数でいると心強いけど 単独でいる方が長居しやすいかな。

いきなりルイスがやってきました。
お付きの人もいてたけど 自分でカラコロ引いています。やったぁ 動き鈍くなってる!
即効 アッタク! しかも 今日発表したてのメルセデス ルイス帽かぶってる!
お付きの人は許可なしにはダメって感じだったけど 本人がいいよって言ってくれたので 写真撮ってもらう。彼 とっても やさしくてがっしりしてるよ。

※ ここでは 追いかけ目的だとバレると追い出されるみたいなので・・・ 必要以上に要求はしないのが鉄則

ニューウェーさんと ホーナーさんが おしゃべりしながら 真ん前通り ビルヌーブさんも真後ろに歩いていた。
ザバァ~っと大勢の波の中に F1界の人が交じっている

ポルシェカップのスタッフとかも ウロウロしてるから 見つけるのたいへーん

しかも キョロついてると 目立つ

近くのコースに面したところでは GP期間中深夜のパーティーが開かれていて アカデミー賞なセレブがいっぱい湧いてる。ここにも大物はいてそうだから F1目的じゃない パパラッチもいる。

そんな中 シャンパン片手にやってきたセレブレディが シャンパンひっくり返し そこを派手に すってんころりしたセレブレディが誕生。大クレームに発生! 眺める 凡人=我

それにしてもGP2勢見ないなぁ このあたりに宿泊してないんだろーな じゃぁ 吾輩の滞在先周辺か(゜-゜)?

昨日 ちょうピンボケした アラン プロストさんがやってきた。
即効リベンジアタック成功。


両側の視界を確保するため 角に陣取ってたら なんだか人の気配
角から覗きこんだら 我のアタマ 誰かにアタック
謝りながら見上げると 電話中のセブだった。身振りでいいよ~って感じだったけど ビックリしたなぁ。
彼は こういうコーナーも壁キワキワに歩行するんだね。( ..)φメモメモ

ここ シンガポールのクーラーはどんでもなくツンドラなので 我の体力もけっこう厳しい

そんなとき 日本語を少し語れるイタリア人デザイナーが現れて お茶を振る舞ってくれるとゆー。
ちょっとだけだよ。ちょっとだけ。カフェは 張込み先は見れる位置にあるよ♪
あったかい紅茶をいただく ホーナーさんたちここにいてるんだね( ..)φメモメモ
ニコたちはいないなぁ~

このイタリア人デザイナーさんには 数名のお友達がいて 通訳してくれる。
「彼女はジョージア国の経済を担ってる・・・」とか・・・ジョージア国ってどこ?アメリカ?
さんざん聞き返したら 最初はジョージアとしか聞き取れなかったけど グルジアであることが判明(^_^;)
あーすごいんだね。
彼らは 今 とある俳優さんを前にしてるんだって。恥ずかしいから 声かけられないのだという。
あの人 単独じゃん!いけるじゃん!って 思う我

その後 体がぬくもった我は ニコ待ちをすべく張込みに復帰

もうAM3:30 そろそろ 周りの目が気になってきたAM4:00でニコこなかったら帰ろう

AM3:40 こないこないこない 誰も こない

AM3:45 おそらくパーティーはAM4:00までなんだな

AM3:50 マーク兄さんきた。単独。でも もうすぐニコ 来るかも知れないから 今日は追いかけるのやめる。

AM3:55 セレブがいっぱい帰ってくる
      その中に一人 我の前に立ちはだかる オマエ酔っぱらってるじゃねーかー(-.-)
      ニコが早く来てくれないから こんなヤツにあってしまったじゃねーかー(+_+)
      ルイスまで来たのに ニコに会えないのか 神様って冷たいな(T_T)

AM3:59 酔っ払い排除成功 ルームメイトが言ってた フェラーリの誰かもきたよ。アロたんはいいから フェリペいないかな?

AM4:00 ロマン 単独。最後のアタックが セレブの波に引っかかる。眺めて終わる。

AM4:01 振り返ると ニコの後ろ姿発見!振り返ったそのお顔はとっても美人。化粧もしてなくて これだけキレイなんだ。それに あたまでっかちじゃないよ~ わりと体ちっちゃいよ~(※この辺からは 記憶が朦朧)
もしかして ニコ パーティーに行ってたのか!と思ったけど 格好は今仕事から帰ってきましたという感じ。あれだけいた セレブの波もなくなって とりあえず一緒に写真撮ってくれと言ったら いきなりカメラ奪われて シャッター押しちゃって 「ほら ちゃんと撮れたよ 」自慢げに見せられた。ニコはキレイだけど。。。吾輩は(-.-)・・・

我の予想通り ニコはルンルンで(^o^) 持ってきたミニカーにサイン要求
ニコは鼻歌うたいながら サイン書き始めたんだけど その様子が急変。
強いて言うなら「うわぁ!」みたいな 英語じゃない感じのニコ語のびっくり表現
夢見心地だった我も我に戻った!「なっ なに!」 みたいな
二人で視線を下げると そこには エレベータに挟まった ニコの足。
しかも ギューって スニーカーみたいなのがレーシングシューズよりほっそくなってた!二人で「わぁぁぁぁ!」
生まれて初めて エレベータに挟まってる人 それが なんでニコじゃなきゃならないのか そんなにニコ足長くないのに そんなことしちゃうのか あたまの整理ができないまま大阪語連発しながら慌てて エレベータのボタン押そうとしたら ニコは チカラまかせに スコン!って 足抜いちゃった! 
かなりぺちゃんこになってたから 大丈夫か聞いたら 肩をすくめて テヘっみたいな感じで 後は何もなかったみたいな涼しい顔してた彼(^_^;)
プレゼント渡して 握手して お別れ。
最後 バイバイしたけど 彼本体にしてるというより ちゃんと歩けてるか心配で 足を見送ってた我(^_^;)
だって 足痛くて決勝に支障出たら 吾輩のせいだから・・・

これで ようやくここから脱出できるわけで 目的達成と解放感で溢れてた
ニコがなかなか来ないから いろんな人 間近で見れたけどさぁ

さて 決勝の時刻から逆算してAM4:00以降はないとみた我

それでも やはり張り込んでるとこちらほら。

第二パーティー先はまだ ワイワイしてて 張込みも活況 何かはいてるんだろーな。その 入口のとこにF1 フェラーリが置いてあるんだけど 昼間は布かぶってて 夜しか見れないんだけど 夜は 照明が暗くて見えないの(+_+)

この第二パーティー付近が 吾輩のWIFI会場で タダネットして帰るのが定番
AM4:30ごろ 見たことある人発見 べるぬくんだ!
この子の名前 どう呼べばいいか 今も謎なんなんだけど ジャンなのですか?ジャンエリックなのですか?わからないので 「べるぬくん!」と呼びました(-"-)
彼は 写真?いいよ こっちきな と首で合図してきました。
そして写真撮ろうとすると その短い腕はやめろと言わんばかりに カメラ奪い取り・・・(^_^;)
というわけで 吾輩のデジカメは ニコとべるぬくんにシャッターを押された幸せ物なのです(^o^)

AM5:00 ホテル着
即効 寝ちゃうつもりが AM5:30 ルームメイトが戻ってきました。
お互いの戦略は極秘のまま 成果を発表
吾輩は GATE8OR2にいたんじゃなかろうかと睨んでおります。

彼女は また フェラーリの誰かの写真を撮ってました。彼女曰く「フェラーリの誰か」です。(^^♪
はやく名前が言えるアロたんにあえるといいねぇ~

AM7:00 おやすみ

”いまさら”ながら 書いてるけど 今もなお理解できん
ニコが持ち前の天然っぷりを発揮して 我史上エレベータに挟まってる人間第一号になってしまったこと。
それまで 警備員やセレブがいたにも関わらず ニコ出現時は 誰もいなかったこと。
あの反応からして ニコも初めての経験だったにちがいないが 奇しくもニコが身を持ってエレベータへの過信を警告したようなものである。もちろん それは 吾輩とニコしか知らないことだけど。
とにかく事故にならなくてよかった。

吾輩のことは覚えてくれてないだろうけど ケガなくすんだし この経験は一生ものにしてよね!もうやっちゃダメだよ~(^o^)丿

 

いまさらF1 SINGAPORE 2013 DAY3 SAT①

2014–01–14 (Tue) 00:36
土曜日 爆睡中のルームメイトを無視し

朝 ちょっとイスラム圏に入りたくて 友人滞在先に近いことから迎えに行く

ダイスキなイスラム寺院 屋根にいろんな装飾を施した 本場では珍しいハズ。

宗教的な場所 ちょっぴりドキドキしながら覗いたら ハンさんという寺院の番人が快く というか 獲物発見!というべく登場。 さっそくアバヤを着せられることに。

写真もどこまで許される範囲なのかわからないから 謙虚に目に焼き付ける手段に転じようと思っていると 「この角度もいいんだ」「ここを撮らなきゃダメだよ」「次は そっちからこっちだ」といいカメラ撮影に忙しい有様へ。
しかも キチンとガイド(シングリッシュだと思われる)もこなしている。
時間に余裕があるからいいが 気をつけた方がいい事例だ。
2階にあがったり 庭に出たり バルコニーに出たり 本持ってきたり・・・
ハンさん曰く 日本にお世話になったことがあるそうです。日本人って 世界へのおもてなしスゴイですね(^o^)
やっと説明も終わり お別れの時 「またいつでもおいで」と言ってくれて 姿が見えなくなるまで 手を振り続けてくれるという(^_^;) すごく温かいおもてなしを受け アラブストリートへ。

お昼ごは~ん♪ 
アザーンタイム たまらん これ たまらんよ(^o^)
友人は ここぞとばかり脂っこいもんにトライ。たしかにおいしいけど要注意だよ~

サーキットとは逆行し リトルインディアへ。
しかし 食べ過ぎた友人は体調不良で念のため ホテルに戻りリカバリに努めることに。

我は ひとりサーキットへ向かう
遠いなりな・・・地図見ないで テキトーに進む
サーキットの飲み物はお高いし 持ち込み不可というので 安売りの売店でペットボトル3本購入(うち 2本 黙って持ち込む用)1本 飲みながら歩く。
ホテルやショッピングセンターが立ち並ぶ付近に到達すると あちこちのホテルから フォースインディアとウィリアムズのスタッフさんが たくさん湧き出している。
こういうとき アタマの回転がよく この人たち近道知ってるハズと思う我
どのチームのどの塊に張り付くか最後まで悩む

ウィリアムズの一行を尾行。めっちゃ速い!
彼らはクーラーの効いたショッピングセンターの渡り廊下を巧みに使い 縫うように梯子している。
さすがさすが ゲート2に到着

昨日は念入りに鞄の中探られたけど 今日は簡単に終了。だけど ニコちゃんのために持ってきたプレゼントは ラッピングしてる中身が怪しまれ ギューっとされて昨日に引き続きぐちゃぐちゃへ(^_^;)
その代わりペットボトルはスルーできました。無色の飲み物は一部のスタッフ間ではOKのようです。

ゲートはちょうどオープンしたてのようで 昨日盛況だったパドックゲート前のサイン求める会場(ひな壇つき)がスカスカ。GP2見るハズが突如 ひな壇行きへ。

ひな壇の真ん中は 日本人グループが さらに他のグループと合体して 強力な体勢を築いている。
吾輩は あえて一人アウェーで行く。ここまできても 日本人だらけかい!
日本人がいかにこのようなことに我慢強いかわかる。
日本人チームは 誰が選手を呼び 誰がパンフの相応しいページを案内するか 誰がペンを渡し 誰がサインをもらい 写真を撮るか 役割分担していた。

でも なんで 一人を選んだんだろーね。確実性は 団体にあるのにね。
私 パンフ買ってないし・・・ホテルの部屋に非売品のシンガポールGPの特別な冊子がプレゼントされてたから か。
たぶん 欲張りだからだろう。
一人で叫び 写真とり サインもらい みたいな。

隅の最前列の私の周りには 謙虚な日本人2カップルや 西洋人 シンガポール人でにぎわってきました。

ブーリエさん来ました。素通りです。

周りが「ローディ♥」と騒ぎだしました。セブのエンジニアさんだそうです。この時まで知らなかったです。

続いてリカルドくんが来ました。 運悪く 隅っこすぎてサインもらえなかったです。。。

ヘイキ来た。ヘイキとは相性がよく 何度も握手してもらったことがあるけど 急いでる様子もなかったので 隅っこ特権で握手もサインも写真もとり放題。

チルトンくん。彼自身 タブレット片手にサイン会

ポール登場
その後ろをスーが通過 必死で呼んではみたけど 彼は素通り
私は トートバッグにサインを紫のペンで統一を図っていたのだけど ポールは誰かのペンを持参してきて 一個だけ黒になっちゃったという。。しかも それ 水性やったし(T_T) 誰やねん!って 西洋の方でした(-.-)
ポールって サイン書くのゆっくりなんだよ。

浜島さんにわく日本人たちに周り引いてる・・・
直後 アロたん 来たー どっから来たのーーー 逆方向のファンの中から突如出てきたようにみえたお主は何もの!
言わんでもお分かりの通り 彼がサインをするわけがない。(崖っぷちタイトル中だから)
彼は もうちょっとで手の届きそうな キワキワラインをうつむき加減に歩行して通りすぎてった。

隅っこだから気づくのだが ニコとルイスとロス ブラウンさんと フェリペとバリケロさんは それぞれクルマでゲート前に到着。
やっぱり ニコには会えないなぁ

ニューウェーさん来た~ 真ん中の日本人一行のみサイン実施

あー だんだんカメラマン増えてきて 目の前に陣取られて 厳しい環境に

ロマン来たけど カメラマンが壁になってて こっちに来れないよ(T_T)

マルドナドくんはカメラマンの間に割り込み 来てくれた アリガトー

その後ろを メルセデスのパディ ロウさんが・・・
そもそも小柄なのに さらに前かがみに歩いていて メルセデスのデイバッグ背負ってて 誰も気づいてなくて さらに小さくなってて 自信なさげに見えて いい印象なかぁ(T_T)(T_T)(T_T)

おー 一台のゴルフカート 登場 
セブがいるーーーーー キミちゃんもいるーーーーー 
みんな喜んだと同時に サインもらえなくて 泣いてるーーーーー

GP2 サムくんがんばってるかなぁぁぁ 行きたいけど 行けない。。。

ここまでいろんな人の名前 叫ぶだけさけんだがや(^o^)丿

グティきたよ

今宮さん来たよ これこそ 日本人しかわからん(^_^;)

ジャッキー スチュワートさんが来た
めちゃくちゃ丁寧に サインしてて 一人に何アイテムもサインしてたから こっちまでは流れてこないなと諦めてたら 来たよ。 ゆっくり 丁寧にサインしてくれた。

もうそろそろ F1に備えて動かなきゃなぁ

日本人一行は 夜のパドックゲート張り込みの打ち合わせ中
みんなのお待ちかねのひゅるくん見れなかったもんねぇ マクラーレンもクルマか もしくは ゲートオープン前に中に入ったのかもね。

最後 トトさん通過 
一人だけ叫んだから その 瞬間のトトさんは独り占め♥ 大げさにバイバイしてくれるの♪
真後ろにスージー(奥さん)いたけど 彼女も夫のこと呼ばれて 嬉しそうだった。 

真後ろにいた 西洋の紳士は 「キミはよくやったよ お陰でサインたくさんもらえた」
そして シンガポールの女子が 「よく 知ってるね すごい!」って 言ってくれました。

昨年のニコ旗 日よけにかぶって歩いてたら ニコの応援をしてるグループのシンガポール人リーダーのセレブ女子に声かけられた。ニコファンがいてる幸せ。ありがたいね。

ニコは そこそこのFP3を終え

二時間のインターバルを 何に使うか
夜の シンガポールフライヤーでしょ!

ってことで 向かおうとしたところ 完全復帰した友人から電話 今からフライヤー行くとのこと!

夜は さすがに混んでいて 昨日の5人のりではなく 20人くらいいてたかな。
その中に ニコファンだという西洋人紳士がいて ニコ旗貸してあげると 嬉しそうに写真撮っていた。

そんなとき 友人は我のトートバッグのサイン群に気付いた。
パドックゲート張り込みの件を言ったら めっちゃ悔しがってた。
友人は 昨日のように壁際走行をGP2から見ようと思って ZONE4に行ってたんだって。
だけど GP2はライン取りが違うとかで 全然よくなかったんだとか。
GP2 ZONE1の一角 すごい壁際スポットあるの知ってるんだけど 私(^_-)

友人と別れて F1予選
今日までしか ピットスタンドは入れないから 注意されるのも覚悟で 指定席を移動
ニコのガレージ正面の スタンドの一番上で立ち見敢行。
もちろん ここのガレージは中が見にくい。どのガレージも見にくいもん。なら ニコ前でしょ。

予選そのものは なんか上の空で・・・
フリー走行見ても 悪くはないけど ルイスの前には立てないだろうし 相変わらずな展開かなぁという自分予報だったんで 結果にもこだわらず できればQ3まで ニコ見てたいなぁみたいな。

Q3最後 ルイスにも マーク兄さんにも タイムを更新されず ニコが2番手になったときは どうなってるのかと思っちゃった(^_^;)
今まで 誰も話しかけて来たりしなかったのに 周りの人たちが 「ニコ よかったね」みたいなことを 言いだして 終わったんだと思ったくらい(^_^;)

それで あわてて パルクフェルメ向かう と。
本来の自分の席なら 近かったんですけどね~。
なんとか 間にあってよかった。
3人会見 あるかなー と 待ってたんだけど 場内放送なかったわい。

ニコの嬉しいフロントロー
だけど 冷静に考えると ロマンも速いし ルイスも速いハズ
今日よりいい結果が 明日ニコにあるのだろうか???
御機嫌なのも 今宵までか?
と 
考え
体力温存を中止
ハンティング決行へ

とりあえず ニコが動き出しそうな時間までは ホテルで仮眠することに。

昨日のBIG BANG より 盛り上がってる THE KILLERSの ライヴ会場を 横断 ホテルへ。

事前にお風呂入って 着替えて ニコのミニカー持って AM2時現地到着に備える
仮眠は30分もできなかったけど・・・
だって AM1時過ぎくらいまで となりのライヴ会場騒がしかったもん。

第②部は また 今度

超常現象なり

2014–01–11 (Sat) 23:56
つい 世界ネコ歩き見てもうた。 癒しやわ。

TVの解説は ちょっと難しくて ついて行けませんでした (+_+)

あっ 超常現象はそのうち化学で解決しそうやね。
私には幽霊は見えませんが 怪奇現象そのものは信じてる派です。

ツタンカーメンの黄金のマスク目の前にしてから 本気。すんごく ファラオでなく悲しい顔してる。
写真だってある(゜-゜) でも お見せできない。でも 怖いものではない。
考古学博物館のツタンカーメンのお部屋での撮影のもの。
カメラ撮影は1台 1000円だったか有料で 友達のカメラ(デジカメが主流になり始めたばかりな時に 何故か友達はフィルム撮影のカメラを新調)1台を投入。
撮影は私自身がした。
後日 友達から「写真が怖い 引き取ってくれ」と言われ 怪しい写真全て受け取った。
あれは 怖いというより 撮られたくなかったんだよ。そういう写真。

こないだマカオから帰ってからも おっかしいこと数回。

今考えると 帰る前から始まってたかな。
ホテル着いた初日から かも。
TVがつかなかったのは まぁ問題ないだろう。
21階ほぼ最上階だったけど 窓の外から 大量の水が一気に落ちてきたのも マカオスペシャルなんだろう。
窓は重く閉まるけど 施錠はできなくて 夜中 誰から入ってきたかと思うくらいの音とともに開いたのはびっくりした。まぁ 真夜中はF1見てたから 起きてたけどね。
次の日 同じくF1タイムに クローゼットの扉が 音を立てて開いたこと。ギー ガタン!みたいな。
ちっちゃい部屋だったし 真ん前がエレベータホールで 夜中でも西洋人旅行者が頻繁にいてたので そんなに怖くわなかったけど。

それから 我が家に帰ってきて 数回就寝中に人間じゃないもっと軽い感じの物体に触られるという感覚 しかも全部1:45っていう。。。(^_^;) これも 何か悪さをするようなものではない感じ。
部屋に 牛が付けてるベルを飾ってるんだけど すごく振り回さないと いい音が出ないのに めっちゃいい音が突然鳴って それが 部屋の電気ギンギンだった22:20 コレ 一回きり。でも これが 一番”らしい”現象だったかな。自分 TV見てたもん。地震もなく ベルだけ 大きく揺れてた。

こーゆーの全く信じない一人にだけ言ってみた。
それは 「年中寝ぼけてるだけだ」と作り話にされました(^_^;)
科学で解決されると 脳伝達のずれとか 電流にかかったときの幻覚みたいです。
これで救われる方も多いでしょうが 霊能師さんとか 困りますね(^o^)

でも 今年になって そういうのなくなっちゃった。
パワースポットっぽいとこ たまたま行ってたからかなぁ。

まぁ そういうことで 脳科学とかで解決できるのか気になったのでした。

ちなみに 背筋が凍るという現象は 自分の身を守るための能力みたいです。

 | HOME |  次へ »

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

プロフィール

medusa

  • Author:medusa
  • さわやか系スポーツの応援三昧
    ことのほか モタスポに夢中

    別格エリア
    ニコ ロズベルグ(F1)
    高橋 大輔(フィギュアスケート)

    第二グループ
    アンドレ ロッテラー(WEC・SF)
    酒井 ごーとく(サッカー)

    ぞっこん部門
    トト ウォルフ(メルセデスAMG F1 TEAM)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

訪問履歴

カテゴリー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


FC2レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。